〜現在サイトリニューアル中〜

大手カーリースを徹底比較|最初に理解しておくべき3つの重要ポイント

自分には、どんなカーリースが向いているのかな・・・。

そんな時は何社か比較し、十分納得してから決断したいところですよね。

でもカーリースについて、あまり詳しくなかったとしたら・・・。

そこで今回は、失敗しないための比較ポイントを3つ紹介します。

事前に予備知識として把握しておくことで、カーリース各社の違いがしっかり見えてくると思います。

 

目次

カーリースを失敗しないための、3つの重要ポイント

重要ポイント

結論として、重要ポイントは以下の3つです。

  1. 契約終了時の選択について
  2. カーリースの中途解約について
  3. 車両返却時の原状回復費用について

では、順にみていきましょう。

 

1.契約終了時の選択について

契約満了時の選択

カーリースは契約満期の際に、使用していた車をどうするかを選択します。

主な選択肢を、順に説明していきます。

 

返却

使用していた車を返却し、カーリースの契約を終了します。

返却時に、キズなどが原因で車の価値が低下していた場合、後述する原状回復費用を請求される場合があります。

 

乗換

車を返却し、新たに別の車でカーリースの契約をします。

定義としては、同じカーリースで乗り換えた場合を指します。

つまり他社のカーリースで乗り換えた場合は、返却に該当します。

また返却あっての乗換なので、原状回復の対象になる場合はあります。

 

再リース

使用中の車はそのまま、カーリースの契約を延長します。

ただし契約年数や残価が変更になるので、月々のリース料は組み直しになります。

一般的には、再リースの方が安くなります。

 

買取

契約終了後に、あなたが車を買い取りします。

中古車を買うのと同じなので、以降はカーリースではなくなります。

リース料金に含まれていた税金や車検費用なども、その都度支払っていくかたちに変更となります。

 

譲渡

カーリースの契約が終了すると、そのまま車がもらえます

ただし名義変更などの事務手数料等は、別途必要になるのが一般的です。

また買取と同じく、以降はあなたが車を管理していくことになります。

 

2.カーリースの中途解約について

解約

カーリースの多くは、契約が終了するまで原則として解約不可です。

もし何らかの事情で中途解約が認められたとしても、解約金は発生します。

その中途解約金は高額になることが多く、よって必要以上の長期契約はなるべく控えるべきでしょう。

ワンポイント

カーリースは長期の契約になるほど、毎月のリース料金が安くなります。

オートローンと同様、車両代金を分割する回数が増えるからですね。

しかし中途解約の観点からすれば、契約が長くなる分が、そのままリスクになります。

家族構成の変化がありそう、免許返納が近い、海外転勤が予想される、などの場合は注意しましょう。

 

3.車両返却時の原状回復費用について

車のキズ

カーリースは、あくまでも借り物です。

あなたが車を買取(もしくは譲渡)しない限り、いつかはリース会社へ返却する時がきます。

その返却時、キズなどが原因で車の残価が低下していた場合に、カーリース運営会社から請求されるのが原状回復費用です。

車両残価の低下要因としては、主に以下のようなことが考えられます。

  • 決められた走行距離を超過。
  • 車をぶつけてキズやヘコミがついた。
  • 室内の汚れや異臭。(喫煙やペット乗車は要注意)
  • 車の改造。
  • その他、車両価値が低下すること。

パーツの取り付けに関しては免除される場合もありますが、事前にリース会社と相談しておきましょう。

残価って何?

ひとことで言ってしまえば、将来の車両価値といえます。

3年のリース契約であれば、3年後の車両価値のこと。

残価分はリース契約から差し引かれるので、月々のリース料はその分安くなります。

しかし車をぶつけたりして車両価値が下がってしまうと、返却されたリース会社が困ってしまいます。

だから原状回復費用として、請求されてしまうわけですね。

 

今回のまとめ

まとめ

 

今回はカーリースを比較する上で、失敗しないためのポイントを3つ紹介しました。

最後にもう一度おさらいしておきます。

 

まず、契約終了時の選択

返却・乗換・買取・再リース・譲渡のなかで、あなたにとって最適な選択ができるカーリースを探しましょう。

 

ふたつめに、カーリースの中途解約について。

現在のところ、中途解約は原則不可が一般的です。

契約年数を選ぶ際には、無理のない将来設計を意識して検討しましょう。

 

最後に車両返却時の原状回復費用

借り物だとしても、ご自身の車と同様にしっかり管理していく気持ちが大切です。

 

最後にもう少しだけ。

契約満了時の選択肢である譲渡。

これは人気の高いプランですが、選択可能なカーリースは限られます。

中途解約に関しては、一部ではありますが中途解約可能なカーリースもあります。

最後に原状回復費用ですが、回避する方法はいくつかあります。

つまり、重視したい項目は、人それぞれ異なってきます。

では、あなたにとってのベストカーリースはどれなのか?

それは、今回取り上げた3項目を意識しながら、カーリース各社を比較しないと見つかりません。

別の記事で、今回解説した3項目をテーマに、各カーリースを比較しています。

あわせて参考にしてみてください。

 

↓↓↓他のカーリースとの比較記事はこちら↓↓↓

あわせて読みたい
大手カーリースを徹底比較|コスモ・カルモ・SOMPO・KINTO・オリックス 自分には、どんなカーリースが向いてるのかな・・・。 いろいろ比較しながら検討したい。 そんな方へ、価値ある情報をお届けします。   今回は、大手カーリース5社...

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる