カーリースのクローズドエンド契約を解説|メリットとデメリットは?

クローズド

この記事では、残価設定の契約のうち、クローズドエンド契約について解説しています。

クローズドエンド契約は、カーリースでは一般的となっているので、検討中の方はしっかり理解しておくことをオススメします。

また、残価設定については下記の記事で解説していますので、まだお読みでない方は、先にお読みいただくことで理解が深まります。

残価設定って何?そしてメリットとデメリットとは?

 

クローズドエンド契約とは?

クローズドエンド契約とは、ひとことで言えば『返却型の契約』

理解しやすいように、具体例をあげて説明します。

300万円のクルマに90万円の残価を設定し、5年間の契約を利用する場合。

クローズドエンド契約だと、下記のようになります。

  • 5年後に残価が90万円残ることを、契約時に開示されない
  • 5年後、契約者は残価の90万円を支払わないで、クルマを返却する。
  • クルマを返却後、残価+諸費用でクルマを買い取ることもできる。

※わかりやすく解説するため、クルマの諸費用や税金、メンテナンス代、料率(オートローンでいう金利)などは全て無視して解説します。

5年契約だと、毎月35000円×60回で210万円を支払いますが、残価の90万円は支払いません。

つまり300万円のクルマを、210万円支払って5年分利用したということになります。

ただし返却時にキズやへこみ、事故による価値低下などがあった場合は、現状回復費用を請求される場合があります。

またクローズドエンド契約は、残価設定額が開示されないので、契約者は残価がいくらなのかを知ることができません

クローズドエンド契約は、設定された残価の市場価値変動リスクを、業者が背負うことになる

クローズドエンド契約は、契約者が残価を支払わずにクルマを返却するので、リース会社は残価で中古車を仕入れることになります。

仕入れたクルマは、中古車として販売や再リースなどに回します。

仮に中古車相場が下がったとしても、その分のリスクは業者が背負います。

クローズドエンド契約の特徴

残価率は各社まちまちですが、クローズドエンド契約の場合、20~30%前後と比較的低い傾向になっています。

なぜ残価率が低いのでしょうか?

業者目線で考えてみましょう。

  • 残価を高くすると、返却されたクルマを中古車として売りずらくなる。
  • 残価が低すぎると、契約者の月額料金が高くなるので、見栄えが悪くなる。

業者側のネックは、返却されたクルマのリセールです。

実際の中古相場より高かったら売りずらいですからね。

残価変動リスクは業者が負担しますが、できればリスクはおさえたいところ。

繰り返しになりますが、クローズドエンド契約では残価が開示されませんので、契約者にはあまり関係のない部分とも言えます。

クローズドエンド契約の、契約者側のメリットとデメリットを考察

クローズドエンド契約のメリット

  • 残価を支払う必要がない。
  • オートローンと比較すると、残価分元金が安くなる。
  • クルマを売却する手間がなくなる。

クローズドエンド契約のデメリット

  • オープンエンド契約と比較すると、残価率が低いので、その分月額料金は高くなる。
  • 返却型なので残価を支払う必要はないが、キズやへこみがあった場合に原状回復費用を請求される場合がある。

まとめ

クローズドエンド契約は、返却型の契約です。

設定される残価率は低めで、その分オープンエンド契約より月額料金は高くなります。

ただし残価の支払いはなく、クルマを売却する手間もなくなります。

カーリースはクローズドエンド契約が一般的ですが、なかにはオープンエンド契約が選択できるものもあります。

クローズドエンド契約については下記の記事で解説しています。

オープンエンド契約を解説。メリットとデメリットは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA