徹底比較|マイカーリース・車のサブスクの走行距離制限

カーリースの走行距離制限

マイカーリースや車のサブスクでは、月間走行距離に制限がある場合が多いです。

とは言いましても、一般的な車の使い方であれば十分間に合うようなものばかりです。

それでも『制限』と言われると気になってしまうし、通勤や旅行が多い人だと不安になります。

そこでこの記事では、マイカーリース・車のサブスク各社の月間走行距離制限について比較していきます。

またいくつかのカーリースでは、距離超過のリスク回避ができるものもあるので、あわせて紹介していきます。

カーリースが気になるけど、走行距離が決まっているのはちょっと・・・、という方はぜひ最後までご覧ください。

※マイカーリースと車のサブスクは、仕組みとしては同じようなものなので、当ブログでは同一のものとして解説しています。

この記事を書いた人
サケノリ
サケノリ

サケノリ@カーライフアドバイザー

自動車業界15年以上|カーリースアドバイザー|自動車整備士|自動車査定士|保険募集人|KeePerコーティング|キャンピングカー整備

車に関する疑問や悩みを解決するため、経験にもとづいた確かな情報をお届けします。

目次

カーリース・車のサブスク各社の走行距離制限を比較

サケノリ

まず最初に、各社の走行距離制限について比較していきます。

コスモMyカーリース

月間走行距離:〜500km(年間6,000km相当)、〜1,000km(年間12,000km相当)、〜1,500km(年間18,000km相当)から選択。

距離超過のリスク回避:車がもらえる9年リース

おトクにマイカー定額カルモくん

月間走行距離:6年以下の契約→月間平均1,500まで、7年以上の契約で走行距離制限なし。

距離超過のリスク回避:7年以上の契約、もらえるオプション

SOMPOで乗ーる

月間走行距離:1,000km、1,500km、2,000km、3,000km

距離超過のリスク回避:なし(2022年8月時点)

KINTO

月間走行距離:1,500km(3年プラン:54,000km、5年プラン:90,000km、7年プラン:126,000km)

距離超過のリスク回避:なし(2022年8月時点)

MOTAカーリース

月間走行距離:新車・メンテナンスプラン付きの中古車→走行距離制限なし、メンテナンスプランなしの中古車→返却時100,000kmまで

距離超過のリスク回避:新車・メンテナンス付き中古車

ニコニコカーリース ニコノリ

月間走行距離:5年間で30,000kmまで、60,000kmまでといった走行距離制限を決める。それ以上も可能、見積り時に相談。

距離超過のリスク回避:もらえるパック(7年または9年契約)

出光オートフラット

月間走行距離:上限が2,500km(マイメンテプランは1,500km)

距離超過のリスク回避:なし(2022年8月時点)

太陽

コスモMyカーリース、おトクにマイカー定額カルモくん、MOTAカーリース、ニコニコカーリース ニコノリの4社には回避手段があるのね。

サケノリ

いずれも契約満了後に車がもらえるので、走行距離の制限がなくなります。

太陽

なんだー!じゃ、この4社から選べばお得なのね!

サケノリ

実はそこまで単純ではありません。車がもらえるということは、契約満了時点で車の残価がゼロになっている状態と言えます。
つまりリース社は既に車両代を回収し終わっている状態と言えます。
だから車がもらえるんですね。

太陽

何いってるか、ちょっとよくわかんないわー!!

サケノリ

焦らなくて大丈夫です。
ここを理解するためには、そもそもなぜ距離制限があるのか?を知る必要があるんですね。
なので次のパートでそのあたりを確認していきましょう。

なぜ走行距離の制限があるのか?

太陽

走行距離の制限って、なんであるのかしら?

カーリースや車のサブスクの基本は、契約が満了したらリース会社へ車を返却します。

返却された車は、中古車として販売やリース、オークション出品、海外輸出、部品取り、社用車で使用・・・などなど様々ですが、これらはリースアップ後の返却された時点でどのくらいの価値があるのか?が重要になります。

例えば3年リースであれば3年落ちの中古車、10年リースであれば10年落ちの中古車として、リース会社へ返却されるわけですね。

リース会社からすれば、『リース契約満了後に◯◯万円くらいの中古車として戻ってくる』と考えますので、リース契約時にはその予測された価格を差し引いて、月々のリース料を算出します。

その差し引かれた価格を、業界では残価と呼ばれています。

中古車は低走行な車ほど高価で、距離を走っているほど安くなります。

リース会社は契約時に走行距離も加味して残価を決めるので、想定以上走った車だと困ってしまうわけですね。

だからどこのリース会社でも、月間の走行距離制限という考えが出てくるわけです。

太陽

なるほど、そーゆー事情があったのね。

サケノリ

ちなみにリース契約満了時に車がもらえるカラクリは、リースアップ段階で残価がゼロになっているからです。
短期のリース契約でもらえるプランが存在しないのは、それだと月々のリース料金がかなり高くなってしまうからです。

太陽

じゃあ、もらわないカーリースの方が安いのかしら?

サケノリ

いえ、そうとは限りません。
カーリースの費用は、税金やメンテナンス、車検代や独自の補償なども含めて定額化しています。
車両代だけの安いor高いという比較は、正直困難でしょう。

太陽

う〜〜〜〜〜んっ!
つまり、どうしたらいいのよーー!!

サケノリ

今回のテーマだけに関して言えば、各社の提供する月間走行距離で十分かどうかを、まずは考えましょう。
どこのリース会社も月間1,500キロは対応していますが、これって年間にしたら18,000キロです。普通に乗っていたら、ここまで走る人は少ないでしょう?

太陽

そっか、だから明らかにたくさん走る人であれば、リスク回避できるカーリースから選べば良いのね。

サケノリ

その通りです。
次のパートでは、そんなたくさん走りそうな方へ向けたランキングを発表します。

オススメランキング|走行距離制限のリスク軽減編

サケノリ

走行距離制限のリスク回避視点で選んだランキングを発表します。
金額的な優位性は考慮せず、純粋な仕組みの良さで選んでいます。

太陽

さっそく、いってみよー

第1位 MOTAカーリース

『中古車のメンテナンスプランなし』さえ選択しなければ走行距離制限から解放されます。

距離無制限と車がもらえる条件が、もっとも緩いカーリースといえるでしょう。

第2位 おトクにマイカー定額カルモくん

7年以上の契約であれば、走行距離制限が解放されます。

もらえるオプションを付帯すれば、リース契約終了と同時に車がもらえます。

第3位 ニコニコカーリース ニコノリ

7年もしくは9年契約のもらえるパックで走行距離制限を解除。

2位と条件は似ているが、おトクにマイカー定額カルモくんは7〜11年の間で選べるのに対し、ニコノリは7年か9年の2択のみ、僅差で3位です。

サケノリ

今回ランクインしませんでしたが、コスモMyカーリースが9年契約で車がもらえるので、走行距離制限もなくなります。
ただし車がもらえる9年契約のみ、現時点ではネット契約できません。
そういった意味でもランキング外とさせていただきました。

太陽

カーリースの走行距離が気になる方は、ぜひ参考にしてねー!!

サケノリ

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Twitterでも情報配信中 フォローしてね
目次