最近よく耳にするカーリースとは?|現金購入やオートローンとの違いを徹底解説

カーリース

みなさんはカーリースってご存知ですか?

最近はテレビCMや折り込みチラシなどでもよく目にするので、認知度もかなり広がってきているかと思います。

でもなんとなくレンタカーっぽいイメージが強いし、細かい内容まではよく知らない人も多いのではないでしょうか。

この記事ではカーリースとはいったい何なのか、現金一括やオートローンで購入した場合との違いを解説していきます。

 

まず最初に現金一括購入とオートローンの利用に関して、それぞれ確認していきます。

現金一括購入の場合

現金一括購入最大のメリットは、新車や中古車が最も安く購入できることです。

オートローンを利用すれば必ず金利がかかりますよね。

そして分割払いの期間が長くなれば長くなるほど、ローン完済時には多くの金利を支払うことになります。

当然ですが現金一括であれば金利はないので、最安で購入できる方法となります。

また一回支払ったら終わりになりますので、毎月の引き落もなくスッキリしますよね!

逆に現金一括のデメリットとしては、まとまったお金が必要になりますので貯金に余裕が必要なことです。

欲しい車の購入費用が預金残高ギリギリの場合は、一部を頭金として使い、残りはオートローンを利用する方法もありだと思います。

新しい車って最初のうちは車幅や運転感覚が不慣れなので、ぶつけてしまうことがあるかもしれません。

いざって時のために、現金はある程度お手元に残しておくことも検討しましょう。

 

オートローンの場合

最近の車って、自動ブレーキやカーナビなどの装備も充実しているし、低燃費・排ガス対策などでハイブリッド車も増えてきました。

その分、軽自動車でもかなり高価になってきましたよね。

流行りのN-BOXやタントなんかだと、グレードによっては200万円オーバーもあります。

軽で200万、なかなか現金一括ってわけにも・・・ですよね~。

そんな場合はオートローンを検討するのが一般的だと思います。

まずオートローンのメリットとしては、まとまった現金がお手元にない状態でも分割して新車や中古車が購入できます

頭金やボーナス払いの有無も選べるので、毎月の支払額もある程度調整することができます。

現金のみではちょっと手が届かないワンランク上の車でも、オートローンであれば購入することもできます

デメリットとしては、まずローンの審査が通らないと利用ができません

また毎月の支払い金額に関しては、無理のない計画を立てないといけません。

ローンの支払いを怠ってしまうと、車の強制回収やご自身の信用情報が悪くなってしまいます。

オートローンはとても便利ではありますが、きちんと完済できるかどうかはしっかり検討しましょう。

 

このように現金一括とオートローンではそれぞれ特徴が異なりますが、ではカーリースはどのようなものなのでしょうか。

 

カーリースの場合

カーリースは毎月のリース料を支払うことで車を使用します。

またカーリースを取り扱う会社によって異なりますが、多くはリース期間を3年から9年くらいで契約します。

例えば5年のリース契約であれば、『車を5年間だけ購入する』というイメージになります。

大きな特徴は以下の2点です。

 

・5年契約の場合、5年後の車両価値を残価として算出し、その分はリース契約から省かれる。

・リース契約期間中の自動車税や車検代、整備などのメンテナンス代などもリース料として含まれる場合が多い。

 

これだけではちょっとわかりずらいので、それぞれについてもう少し詳しく解説していきます。

5年契約の場合、5年後の車両価値を残価として算出し、その分はリース契約から省かれる

購入した車を5年後に売るとしたら、いくらくらいになるのでしょうか?

当然ではありますが、車種やグレード・装備などによって5年後の価値は異なりますよね。

実はそれぞれの車種・グレードによって5年後の価値が設定されており、その価値を残価といいます。

そして新車の価格からその残価を差し引いた分が契約する車両の価格となります。

例えば200万円のタントがあって5年後に50万の価値が残っていると設定されていた場合、150万円がリース契約時の車両価格となります。

メリットとしては、毎月のリース料が残価分下がるので、月々の支払いが車両代に関しては安くなります

契約期間中の自動車税や車検代、整備などのメンテナンス代などもリース料として含まれる場合が多い

カーリースは車両代だけではなく、自動車税が毎月のリース料に含まれています。

そして自動車税以外でも、下記のような項目がリース料に含まれる場合もあります。

(リース取扱店や契約プランにより異なる)

 

・重量税、自賠責保険

・車検、定期点検などの点検費用

・オイル交換、タイヤ交換、ブレーキパット交換などのメンテナンス費用

・自動車保険(任意保険)

このような費用をリース料に含めると、どんなメリットがあるのでしょうか?

みなさん、このような経験はありませんか?

『来月車検があるから、車検代を貯めておかないと・・・』

『5月は自動車税を払わないと・・・』

『そろそろオイル交換しないといけないので、お小遣いが減ってしまう・・・』

車を維持している人のあるあるですよね~。

でもカーリースであれば、毎月一定額のリース料金を支払うだけでいいんです。

車に関する出費が明白なので、毎月の家計のやりくりがとっても楽になります。

これってかなり大きなメリットだと思います。

ただし自動車税以外で何がリース料金に含まれるかは、リース取扱店や契約プランによって異なります。

詳細はお店の方に確認してください。

まとめ

リースという買い方は、車の残価分を差し引いた、オートローンよりは車両代がお得に購入できる方法。

車に関する毎月の支払金額を常に一定にできるので、家計のやりくりもしやすいのがメリット。

車に関して詳しくない人でも、車検やメンテナンスまでリースに組み込んでしまえば、すべておまかせできてとっても安心♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA