カーリースや残クレの残価設定とは?|オープンエンドとクローズドエンド契約について

オープンクローズ

最近カーリースや残クレ(残価型クレジット)が流行っています。

そこでよく聞くのが『残価設定』という言葉。

なんとなく聞くことはあるけれど、良くは知らない。

そんな単語ですよね。

今回の記事では、そんな残価設定について、詳しく解説していこうと思います。

残価設定とは?

まず残価についてですが、簡潔に言ってしまえばカーリースや残クレの契約が終了した時点での車の価値です。

例えば200万円の新車を、5年契約で購入するとします。

その場合、まず5年後の車の価値がいくらになるのか?を想定します。

仮に50万円の価値があると想定した場合、その50万円が残価となります。

カーリースや残クレは、新車の価格を契約年数で分割しますが、その残価を差し引いて分割します。

つまり、200万円-50万円=150万円が支払う車両価格となります。

残価設定のメリット&デメリット

残価設定のメリットは、車両代が残価分安くなるので、オートローンで購入した場合と比較すると月々の支払金額が安くなることです。

先ほどの例を使ってオートローンとリースを比較します。

 

■200万円の新車を5年のオートローンで購入した場合

2,000,000円÷60回(5年)=33,333円/月

 

■200万円の新車をリース期間5年・残価50万円でリース契約した場合

1,500,000円÷60回(5年)=25,000円/月

(どちらの計算式も金利は考慮していません)

 

このようにリースの方が、車両代に限っては毎月の支払額がグッと抑えられお得に思えます。

車両代に限ってと言ったのは、リースの場合は車両代の他に自動車税、さらにリース取扱店によって異なりますが、車検代やオイル交換などのメンテナンス費用までリース料金に組み込む場合もあるからです。

残価設定の契約には2種類ある

さて、残価設定に関してはもう一つ知っておくべきことがあります。

それが残価設定のオープンエンド契約とクローズドエンド契約です。

それぞれの契約の違いについて、既に述べた200万円の車両の例を使って解説していきます。

 

■オープンエンド契約

(1)50万円の残価を契約者に教える

(2)市場価値で残価が変動した場合、契約者がリスクを負担する

(3)査定で残価が変動した場合。契約者がリスクを負担する

■クローズドエンド契約

(1)50万円の残価を契約者に教えない

(2)市場価値で残価が変動した場合、リース取扱店がリスクを負担する

(3)査定で残価が変動した場合。契約者がリスクを負担する

 

さて、これだけではわかりにくいので、詳しく解説していきます。

(1)残価を契約者に教えるor教えないについて

200万円の車を残価50万円・5年間でリース契約する例で、オープンエンド契約では残価が50万円であることを契約者は知ることができますが、クローズド契約では残価がいくらであるか知ることはできません

なぜこのような仕組みになっているのか?

それはこれから説明する(2)の市場の残価変動リスクを契約者が負担するかしないかが関係します。

クローズドエンド契約の場合、契約者はリスク負担をしないので、そもそも残価を知る必要がないということです。

(2)市場の残価変動リスクを契約者が負担するorしないについて

残価というのは、先ほどの例でいえば5年後の価値(市場価値)が50万円であると想定(予測)している価格になります。

でも5年が経過しリース満了時期になったら、実際は価値が大きく下落していた、という場合もあるかもしれません。

例えばまったく売れない不人気車だったとか、逆に売れすぎちゃって購買需要より中古の供給量が多すぎるとか・・・、価値下落の原因は他にもいろいろあるかも知れません。

そのような実際の価値が下落した場合、オープンエンド契約だと契約者が差額を負担することになります。

リース契約時の残価設定が50万円で、でも5年後に実際の中古市場では30万円まで価値が下落していた場合、差額の20万円を契約者が支払うことになります。

(3)査定の残価変動リスクを契約者が負担するorしないについて

査定変動リスクとは、キズやへこみ等が原因で車両の価値が下がった場合のリスクをいいます。

このリスクに関しては、オープンエンド/クローズドエンドのどちらの契約においても契約者が負担します。

車をぶつけたら、ぶつけた人が負担してくださいというイメージですね。

査定変動リスクを負う原因としては主に下記の通りです。

・キズやへこみ

・事故現状車や修復歴

・冠水等の災害

・装備品の取り外し

・パーツの改造やボディの色変更等

・タバコ臭やシートのコゲ穴等

・ペットの匂いや毛、シミ等

・契約時の想定された以上の過走行

他にもあるかもしれませんが、今パッと思いついたのはこんなところです。

カーリースと残クレの違い

まとめ

カーリースの残価とは、リース契約満了時に想定される車の市場価格のことです。

残価の分だけオートローンよりはお得に乗れますよね。

ただしオープンエンド/クローズドエンドの契約に関しては、しっかりお店の方と打ち合わせが必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA