洗車した後は拭かないとダメ?|あとで後悔しないボディケア

車の拭き上げ

こんにちは、サケノリです。

今回のテーマは『洗車した後は拭かないとダメなのか?』についてお話します。

洗車した後って、拭くのが面倒な時なんかもありますよね。

車が汚れているけれど、時間がない。

汚れだけ落とす目的で洗車して、そのまま走って自然乾燥。

実はサケノリもよくあります。

でも実は拭かないのって、車のボディに非常に良くないことがわかりました。

同じような疑問をお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてください。

まず最初に、少し自己紹介をさせてください。

このブログ(Various Colors)の管理者で、サケノリといいます。

現役の営業マンで、車の販売(カーリース含む)や買取査定をしています。

車関係の資格だと、主に自動車査定士・自動車整備士・保険募集人・Keeperコーティング1級を持っています。

今回の洗車がテーマなので、プロの視点から解説していきたいと思います。

ではさっそくいってみましょう。

洗車したらボディを拭き上げすべき理由

洗車

結論から言いますと、ボディに水シミができます。

そして落ちません。

水シミの原因は、水道水に含まれているミネラルです。

水シミができてしまうと、取り除くのは恐らく困難でしょう。

ボディを研磨しても、さまざまなケミカルを試しても、正直厳しいです。

ほとんどの場合、クリア層を塗り直す必要があります。

だから洗車をした場合、必ず拭き上げをするようにしましょう。

特にガラス系のコーティングをしている方は要注意です。

ガラス系の被膜は水シミに弱いという弱点がありますので、洗車後のケアは非常に重要です。

では、雨に濡れたら拭き上げした方が良いのか?

雨

答えは、拭き上げはする必要ありませんが、洗車はすべきです。

先にも述べましたが、水シミのは水道水に含まれるミネラルが原因であって、雨水では話が変わってきます。

雨水をそのまま拭いてしまうと、砂ぼこりが原因でボディのクリア層にキズが付いてしまう場合があります。

だから拭かずに洗車をしましょう。

洗車は最初に水でおおまかな汚れを流し、カーシャンプーで汚れを浮かした後に優しくムートンやスポンジで汚れを落としていきます。

だからキズが付きにくいんですね。

もちろん洗車したら、水シミにならないように、しっかり拭き上げをしましょう。

今回のまとめ

まとめ

洗車したらしっかり拭き上げしましょう。

そのままにすると、水道水のミネラルが原因で水シミの原因になります。

雨に濡れたらしっかり洗車と拭き上げをして、ピカピカボディを維持しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA