夏に向けて点検しておきたい項目5選|トラブルは前もって回避すべき

夏

こんにちは、サケノリです。

今回ですが、『夏に向けて点検しておきたい項目5選』というテーマでお話していきます。

なかなか梅雨が明けず、ジメジメした日々が続いています。

世間では、水害やコロナなどで大変な季節ではありますが、車を所有されている方、きちんと点検してますか?

最近ではマイカー利用も増えてきてますが、しっかり点検しておかないと思わぬトラブルに出くわすことも。

これから夏本番を迎えます。

電車からマイカー通勤に切り替えた方。

GO TOキャンペーンに便乗される方。

しっかり点検し、安全なカーライフで過ごしませんか?

エアコン

夏と言えばコレ。

エアコンが効かないと、マジで死ねます。

夏本番を迎えるとエアコン関係のトラブルが多発し、修理も込み合います。

真っ先に点検しましょう。

特にオートエアコンではない方。

今すぐにエアコンのACボタンを押してください。

きちんと冷たい風が出てきますか?

マニュアルエアコンだと、シーズンオフ中はエアコンのコンプレッサーが動いていません。

そのままお亡くなりになっていることも、意外と多くあります。

またガス抜けが原因でエアコンの冷えが悪い、というのも良くあります。

ガスやコンプレッサーオイルが少ない状態でエアコンを使用していると、トラブルが起こりやすくなります。

もしあなたの車が該当するようでしたら、すぐに点検してもらいましょう。

エンジンオイル

エンジンオイルの量を確認します。

オイルレベルゲージをチェックして、適正なオイル量が入っていますか?

オイル量が少ないとエンジンを冷却できなくなり、最悪の場合エンジントラブルになります。

夏場は車で遠方に行くことが多くなります。

知らない土地で車が故障するのは避けたいですよね。

またエンジントラブルは、修理費用も高額になりやすいです。

夏が来る前に、しっかりとエンジンオイルの点検をしておきましょう。

冷却水

冷却水(LLC)の液量を確認します。

リザーバータンクのMAX-LOWラインの間であればOKです。

もしLOWより少ない場合は、できれば点検してもらいましょう。

冷却水もエンジンを冷やすための重要なものです。

夏場はオーバーヒートが最も多発しますし、最悪の場合はエンジンがお亡くなりになります。

もしご自身で点検の仕方がわからないようでしたら、近くの車屋さんに点検してもらいましょう。

バッテリー

バッテリートラブルも夏場は多発します。

エアコンを多用するので、バッテリーには最も厳しいシーズンとなります。

バッテリーはいつ頃交換しましたか?

もし3年以上前のことであれば、一回点検してもらうことろオススメします。

バッテリー上がりは、ドライバーにとって最悪です。

せっかく羽を伸ばせる時に、炎天下で無駄に足止め。

この時間を過ごすくらいなら、前もって点検しておきましょう。

近くの車屋さんで、テスターにかけてくれます。

状態によっては、トラブルを起こす前に交換しておきましょう。

タイヤ

夏場は長距離移動が多くなります。

タイヤ管理が悪いと、パンクやバースト、最悪の場合は大きな事故につながることもあります。

ガソリンスタントに行けば、無料で空気圧点検ができます。

まずは見てもらうことが重要です。

タイヤなんて、素人から見たらただの黒いゴムの塊です。

でもプロが見れば、タイヤのコンディションをしっかチェックしてくれます。

タイヤは、数ある車の部品の中で、唯一地面に接地しているパーツです。

命を預けている部品と言っても過言ではないので、しっかりと点検しておきましょう。

今回のまとめ

まとめ

今回は夏前の点検ポイントを5つ紹介しました。

暑い夏に注意すべきポイントは『熱』です。

エアコンやエンジンオイル、冷却水などは放熱するための最重要部品です。

ここが頼りないと、困るのはあなた自身です。

またバッテリーやタイヤなども、夏場は特に注意すべきポイントとなるので、しっかり整備点検をしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA