車検証入れを整理したい|どれがいらない書類か教えてっ!

車検証入れ

こんにちは、サケノリです。

今回のテーマは、グローブボックスの中の『車検証入れ(車検証ケース)の整理』です。

車検証入れ、あなたは整理してますか?

私は自動車関係の現役営業マンです。

お客さんの車検証入れを、ほぼ毎日拝見しています。

その私が断言します。

感覚的に95%以上の方が、車検証入れの整理ができていません。

 

こんな車検証入れを、よく見かけます。

  • 不要な書類が大量に入っていて、車検証入れが無駄に分厚い。
  • 大量の個人情報が、乱雑に入り乱れている。
  • グローブボックスの中でプレスされすぎて、大切な書類が車検証入れに張り付いて剥がれない。
  • なぜか必要な書類が入っていない。

 

心当たりがある人、多いと思います。

サケノリはよく、お客さんから聞かれる事があります。

「書類を整理したいんだけど、どれがいらないヤツなの?」と。

かなりの頻度で同じことを聞かれますので、知りたい人も多いのでは?と思いました。

今回の記事作成のきっかけでもあります。

 

この記事を読むことで解決できる疑問点。

  • 車検証入れに入っている、必要な書類と不要なもの。
  • 車検証入れを整理すると、こんなメリットがある。
  • 車の書類を保管するポイント

 

サケノリって誰よ??
車のブログ『くるまぶ』の管理者をやってます。
詳しくはこちらのプロフィールをどうぞ。

車検証入の中の、必要なもの・不要なもの

車検証

車検証入れに入っている必要・不要なものを分類すると、下記のような感じになります。

あなたも是非一度、確認してみてください。

 

必要なもの

  • 車検証
  • 自賠責保険
  • リサイクル券
  • 納税証明書
  • 任意保険の証券
  • 取扱説明書
  • 保証書
  • 整備記録簿
  • ETCセットアップ書類

太字は必ず車検証入れで保管しましょう。

紛失すると後で困るものでです。

といいますか、わざわざ別の場所で保管するメリットが見当たりません。

ただしリサイクル券は紛失したとしても、自動車リサイクルシステムで『自動車リサイクル料金の預託状況』を印刷しておけばOKです。

納税証明書は常備せず、車検時に用意しても良いでしょう。

任意保険は最近、WEB証券が増えてきてます。

その場合は印刷して常備するか、最低でも緊急時の連絡先はわかるようにしておきましょう。

取説・保証書・記録簿は分厚くなるので、車検証入れに入りきらない場合もありますが、捨てないようにしましょう。

車を売る時の査定アップポイントになります。

 

ETC車載器 ETCのセットアップとは?|中古車や付け替えした場合の注意点

 

不要なもの(よく入っているもの)

  • 古い自賠責保険
  • 古い納税証明書
  • 古い任意保険の証券
  • 整備した見積書・清算書
  • 重量税や印紙代の領収書
  • 期限の切れた整備・コーティング類の保証書
  • 終了しているDM、キャンペーンチラシ、クーポンなど

これらが、車検証入れが分厚くなっている原因です。

古いもの・期限が切れているものは、捨ててダイエットしましょう。

しかし一つだけ注意点があります。

自賠責保険は、古いものでもまだ有効なものがあります。

自賠責保険は車検期日より1日以上長くする必要があり、人によっては1ヵ月近く長い場合もあります。

車検時に新しい自賠責保険を発行する際は、保険期間がかぶらないように契約します。

つまり古いものが1ヵ月近く長く有効な場合、その期間が切れるまで捨ててはいけません。

必ず保険期間を確認しましょう。

参考:自賠責保険サンプル(三井住友海上のPDFファイルへアクセスします)

車検を通したばかりの時は、特に注意してください。

その他上記に挙げた領収書・清算書・チラシ類は、あなたにとって不要でしたら破棄してください。

※個人情報の処分は、適切な処理をしておきましょう。

 

車検証入れを整理するメリット

メリット

車検証入れを整理することで、こんなにもメリットがあります。

  • 車検証入れがスマートになり、グローブボックスに余裕が生まれる。
  • グローブボックスが余裕になることで、車検証入れへのプレス力が弱まり、書類が張り付きにくくなる。
  • 車検証など、必要なものが入ってないことに気付ける。

特に最後の、必要なものが入ってないことに気付けるのは大きいです。

 

サケノリの経験上、こんな人が非常に多くいます。

  1. カーディーラーなどの指定工場で車検を依頼する。
  2. 保安基準適合標章(保安基準適合証)がフロントガラスに貼られて納車。
  3. 後日車検証と車検ステッカーが郵送されてくる。
  4. そのまま車検証ケースに入れられずに、自宅で待機中となる。

こんな方、けっこういらっしゃいます。

酷い場合、保安基準適合標章が貼りっぱなしの人もいたり・・・。

保安基準適合標章は、フロントガラスに貼っていられる期間が、検査日から15日と決まっていますので注意しましょう。

保安基準適合標章については、こちらのブログに詳しく解説があるので参考にどうぞ。

 

車検の書類保管のポイント

ポイント

先にも述べましたが、取扱説明書・保証書・記録簿は、分厚いので車検証入れに入りきらない場合もあります。

そのせいか、要らないと思って捨ててしまう人もいます。

でも車を売る時の査定ポイントになりますので、できれば車内で保管したいところ。

別のケースやビニール袋などを用意して保管しとくのが良いでしょう。

特に取扱説明書は、いざという時に使用する場面もあります。

例えば走行中に突然、見慣れない警告灯が表示されたら不安になります。

でも取扱説明書があれば、警告マークが何を意味するか知ることができます。

つまりこれら3点セットは、しっかりと車内で保管しておくべきでしょう。

 

日ごろの積み重ね 車の買取査定をアップさせる方法|日頃から意識しておきたい10選

 

『車検証入れの整理』まとめ

まとめ

今回は、『車検証入れの整理』についてお話してきました。

最後に振り返りをしておきます。

車検証入れに入れておくべきものは、以下のものです。

 

  • 車検証
  • 自賠責保険
  • リサイクル券
  • 納税証明書
  • 任意保険の証券
  • 取扱説明書
  • 保証書
  • 整備記録簿
  • ETCセットアップ書類

 

分厚い3点セットは、別の入れ物を用意すると良いでしょう。

アマゾンなどでも、いくつか便利アイテムがありますので、覗いてみてはいかがでしょうか?

 

 

今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA