車の売却タイミングを考える|売り時はいつ?

売り時

こんにちは、サケノリです。

今回のテーマは『車の売り時』です。

売るタイミングなんて何か関係あるの?と思ってしまうことでしょう。

しかし実は車を売るタイミングはかなり重要なんです。

なぜタイミングが大事なのか?またその理由を解説していきたいと思います。

最初に少し自己紹介をしておきます。

このブログを運営してます、サケノリと申します。

現役の営業マンで、普段は車の販売、・リース・買取査定・自動車保険の提案などをしています。

持っている主な資格は、自動車査定士・自動車整備士・保険募集人・キーパーコーティングなどです。

車のプロとして、みなさんに有益な情報をたくさん発信していきますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

さて、ではさっそくはじめましょう。

車の売り時はいつ?

いつ?

中古車の販売台数から考える

日本自動車販売協会連合会のデータによると、年間で中古車の販売台数がもっとも多いのは3月です。

3月が圧倒的に多いのには、いくつか理由があります。

  • 4月の新生活需要があり、そもそも需要が高い。
  • 多くの会社が3月決算のため、販売力にもっとも力を入れている。

中古車販売店は、3月商戦に向けて1月半ば~2月に仕入れを強化してきます。

中古車の買取金額は、オートオークションの相場が基準となりますが、仕入れ時期はセリが強まります。

よってお正月明けの1月半ばくらいから3月の半ばくらいが売り時と言えるでしょう。

ちなみに4月は販売需要が大きく下がります。

後述の自動車税の関係もあり、3月後半の買取査定は避けた方が良いかもしれません。

モデルチェンジは要注意

モデルチェンジした瞬間、あなたの車は旧型となります。

そして一部の特殊な車を除き、市場価格は下がってしまうのが一般的です。

注意しておきたいのは、モデルチェンジの発表がされた瞬間から、買い控えが発生するということ。

つまりモデルチェンジ後では、もう遅いということですね。

もしこのタイミングで乗換えや売却を考えていたのであれば、早めの決断をした方が良いでしょう。

3月の売却は、自動車税がネック

毎年5月になるとやってくる、受け取ると不幸な気分になる自動車税。

あれは4月1日時点の車の所有者に対して課税されます。

つまり4月に車を売った人は、5月に自動車税を支払わないといけません。

ちなみに自動車税は戻ってくると思っている人が多いのですが、税金の還付は一時抹消をしない限り戻りません。

一時抹消をしてくれるかどうかは、買取した車屋さん次第です。

もし車検がロングで残っていた場合、それがセールスポイントとなっているので抹消してくれないことが多いです。

また抹消をしてくれるとしても、3月後半の売却だと手続き自体が間に合わないこともあり得ます。

3月は自動車税の回避目的で車を売りに来る人が非常に多く、各陸運局の窓口は新型iPhoneの発売日同様に、手続きにきた業者さんの行列が毎年できています。

3月後半は買取相場も怪しいので、できれば中旬くらいまでに決めておきたいところです。

あと、自動車税を戻してくれるかどうかは、買取店さんに必ず相談しておきましょう。

結論、車を売ろうと思った時が売り時

これが大原則です。

車を売ろうと思った今が、一番の売り時です。

一部例外はありますが、車は古くなれば価値が下がります。

今日査定した価格は、半年後は通用しません。

明日、車をぶつけるかもしれません。

1ヵ月後にはモデルチェンジするかもしれません。

3ヵ月後は走行距離も大きく変わっているでしょう。

車の売り時は、あなたが売ろうと思った今です。

売却が決まったら、すぐに売った方が良い?

契約

新車を注文したが、納期が2ヵ月先。

だから下取りのタイミングも、納車に合わせた2ヵ月後。

乗換えの場合、よくあることです。

もし車がないと困る環境で、代替え車が用意してもらえない環境であれば仕方ありまえん。

しかし先に売ってしまっても問題ない状況であれば、すぐに売ってしまいましょう。

理由は次の2つです。

  • 2ヵ月先の売却だと、その分査定を下げられている可能性が高い。
  • ぶつけたり、事故などのリスクを回避できる。

とくに事故には気を付けてください。

車の買取金額が決まった瞬間、お金に変わっています。

ぶつけるのが怖くなって、乗りにくくなってしまう人もいます。

車は普段あまり使わない、複数の車をもっている、代車対応してもらえる、などの場合は早めに売却してリスクを回避しましょう。

今回のまとめ

まとめ

今回は車の売り時について解説してみました。

ポイントは4つありました。

  1. 2~3月は意識しておくと良い。
  2. モデルチェンジに注意。
  3. 自動車税の課税、または還付について確認しておく。
  4. なるべく早く売却する。

ちなみに軽自動車には、自動車税の還付制度はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA