損保でノール(SOMPOで乗ーる)+Anyca(エニカ)|新時代のカーライフを体験

カーシェア

『SOMPOで乗ーる』は、新車を毎月定額で利用できるカーリースです。

有名になってきたカーリースは、最近ではさほど珍しくもなくなってきました。

しかし『SOMPOで乗ーる』に『Anyca(エニカ)』というサービスを付け加えることで、唯一無二のカーライフが体験可能になります。

本記事では、この『SOMPOで乗ーる』+『Anyca』で体験できる、車の新しいカタチについて深掘りしていきます。

 

この記事を読むことで得られる情報は、以下の通りです。

  • 『SOMPOで乗ーる』+『Anyca』で実現するカーシェアについて。
  • リース車両のカーシェアは、『SOMPOで乗ーる』でしかできない理由。
  • カーシェアで、実際にどのくらいのコストダウンが可能か?
  • カーシェアへの抵抗を解消してくれるのは『Anyca』だけ。

 

本題に入る前に少しだけ補足させてください。

『SOMPOで乗ーる』と『Anyca』は、DeNASOMPOホールディングスが設立した、合併会社2社で運営されています。

運営会社
  • DeNA SOMPO Carlife:マイカーリース事業(SOMPOで乗ーる)
  • DeNA SOMPO Mobility:個人間カーシェア事業(Anyca)

 

では早速、はじめていきます。

 

『SOMPOで乗ーる(損保でノール)』+『Anyca(エニカ)』は、車の新しいカーライフを体験できる

カーシェア2

  • 『SOMPOで乗ーる』→カーリース
  • 『Anyca』→カーシェア

『SOMPOで乗ーる』最大の特徴は、カーシェアできることです。

ではカーシェアすることで、一体どんなメリットがあるのでしょうか?

 

  • 1週間のうち、車をまったく使用していない日が何日かある。
  • 毎月のリース料金を、少しでもコストダウンしたい。

こんなふうに思ったことありませんか?

 

カーリースは車両代に関しては、契約した期間分だけ支払えば良いのが売りです。

つまり現金一括やオートローンと比べると、金銭面でメリットが出てくる。

でも普段あまり車に乗らず、車庫に眠らせてる時間が多い場合、もしかしたらレンタカーで十分かも、なんて考えも出てきたりします。

そこで登場するのが、『SOMPOで乗ーる』+『Anyca』です。

 

『Anyca』に登録すれば、アプリを介して簡単にあなたのリース車両を、個人間でカーシェアリングできるようになります。

車は使わなければ調子も悪くなるし、無駄にリース料を払ってるだけ。

だったら車を使わない日は、カーシェアで稼いでもらって、ついでに車の調子も維持できたら最強です。

カーシェアで毎月のリース料の負担を軽減できる、そんな新しい車との付き合い方ができるのが『SOMPOで乗ーる』+『Anyca』です。

 

リース車両をカーシェアできるのは『SOMPOで乗ーる(損保でノール)』+『Anyca(エニカ)』だけ

 

本来リース車両は、車検証上の使用者以外の人に貸与すること(転リース)を禁止しています。

しかし『Anyca』というカーシェアサービスと連携させることで、あなたが契約しているリース車両を、他の人へ有料で貸出することが可能になります。

利用方法はスマホでアプリをダウンロードし登録するだけ。

他のカーリースでは実現できない、車との新しい付き合い方が体験できるのは『SOMPOで乗ーる』だけです。

 

『SOMPOで乗ーる(損保でノール)』のカーシェア具体例

メリット計算

では次に、『SOMPOで乗ーる』+『Anyca』でカーシェアを利用した場合に、どのくらいの金銭的メリットがあるのかを見ていきます。

実際に試算した画面をご覧ください。

【SOMPOで乗ーる:シミュレーション】

リース料

引用:SOMPOで乗ーる公式サイトより

 

【Anyca:シミュレーション】

カーシェア

引用:Anyca公式サイトより

 

プリウスを例に試算してみました。

まず月々のリース料ですが、7年の『たまーに乗ーるプラン』で39,300円。

これを神奈川県横浜市で1ヵ月に1回カーシェアすると、7,665円受け取れるシミュレーション結果となりました。

年間で91,980円、つまり10万円近くリース料をコストダウンすることができる計算ですね!

月に2回カーシェアすれば、2倍のコストダウン!

 

これが車との新しい付き合い方です。

このようなカーライフが体験できるのは、『SOMPOで乗ーる』+『Anyca』だけです。

(※ここで紹介した数値は、あくまでもシミュレーション上の参考値です。コストダウンの金額を保証するものではありません。)

 

『Anyca』のようなカーシェアには抵抗がある

考え込む

『Anyca』のようなカーシェアはまだ発展途上で、認知も利用者もそこまで多くはありません。

そのため、カーシェアに対して抵抗を持っている人も、少なくはないでしょう。

例えば、このような事をイメージしていませんか?

  • 愛車をぶつけられたり、汚されたら嫌だ。
  • 個人間トラブルに発展するのが心配。
  • 相手が変な人だったら困る。
  • お金をもらい損なうことはないのか?

 

このような悪いイメージを持ってしまうのは当然です。

でもだからこそ、『Anyca』では安心・安全にしっかり取り組んでいます。

 

『Anyca』安心・安全への取り組み
  • カーシェア予約と連動して1日自動車保険にドライバーが加入する。
  • DeNA SOMPO Mobilityがトラブル解決を365日無休でサポート。
  • 相手のプロフィールや過去利用時の評価が確認可能。
  • カーシェアの支払いは全てAnycaを介した決済なので安心。

Anyca公式サイトで詳しく確認したい場合はこちら。

 

近年、シェアハウスやUber(ウーバー)で代表されるように、所有から共有の時代へ変化しつつあります。

今後もカーシェアは増え続けていくと思います。

もしあなたが『SOMPOで乗ーる』を選ばれるのでしたら、『Anyca』という新しい車のカタチも、一緒に選んでみてはいかがでしょうか。

 

『SOMPOで乗ーる(損保でノール)』まとめ

まとめ

『SOMPOで乗ーる』+『Anyca』は、新しいカーライフが体験ができます。

  • 『SOMPOで乗ーる』で新車を月々定額でゲット。
  • 『Anyca』でカーシェアを利用し、毎月のリース料をコストダウン。

 

車を手に入れるのに、初期費用はゼロ。

レンタカーではなく自分の車として、いつでも好きな時に車に乗れる。

でも使わない時は、カーシェアでひと稼ぎ。

最初は戸惑いもあるけれど、でもやってみたらきっと別の世界が見える。

そんな新しいカーライフを体験できるのが『SOMPOで乗ーる』+『Anyca』です。

 

SOMPOで乗ーる公式サイトを確認する

 

Anyca公式サイトを確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA