オリックスカーリースのデメリット3選

オリックスカーリース

カーリース各社のデメリットシリーズ第3段です。

それぞれのデメリットを知ることで、自分に最も合ったカーリースプランが見つかると思います。

今回は、業界ナンバーワンのオリックスカーリースです。

それでは、さっそくみていきましょう。

 

オリックスカーリースのデメリット3選

短期のリースプランがない

オリックスカーリースで設定できるリース期間は以下の通りです。

  • いまのりくん  → 5年
  • いまのりセブン → 7年
  • いまのりナイン → 9年

他社では1年や3年の短いプランも選べるのに対して、オリックスカーリースでは最低が5年からというのは少々厳しい。

一定条件を満たせば中途解約という手段をとることはできるが、そもそも中途解約前提で契約するのも微妙。

カーリースは短期の利用を繰り返すことで、常に最新のクルマに乗れるというのがメリットの一つとして挙げられるが、オリックスカーリースではその部分がかすんで見える。

中途解約の回避手段が中途半端

オリックスカーリースは、契約の一定期間を消化すれば違約金なしで中途解約が可能です。

中途解約できるプランごとの一定条件は下記の通りです。

  • いまのりくん  → 2年
  • いまのりセブン → 5年
  • いまのりナイン → 7年

ただし上記の中途解約できる条件を満たしたとしても、クルマの損耗状況によっては追加請求される場合があります。

つまりキズやへこみ、室内を汚した、事故で車両価値が低下したなどが該当します。

オリックスカーリースは、短期のリース契約ができない欠点を、条件付き中途解約で補っているようにみえますが、結局のところ損耗状況で追加請求されるのであれば微妙な感じですよね。

この部分が気になる場合は、最初から短期契約できるリース会社を選んだ方が良いでしょう。

短い期間のカーリースはこちらをチェック

メンテナンスプランが弱い

オリックスカーリースでは、エンジンオイル交換クーポン、エンジンオイル+オイルエレメント交換クーポン、車検無料クーポンが付いてきます。

各プランごとのクーポン枚数は以下の通りです。

いまのりくん

  • オイルクーポン          5枚
  • オイル+オイルエレメントクーポン 3枚
  • 車検クーポン           1枚

いまのりセブン

  • オイルクーポン          7枚
  • オイル+オイルエレメントクーポン 4枚
  • 車検クーポン           2枚

いまのりナイン

  • オイルクーポン          9枚
  • オイル+オイルエレメントクーポン 5枚
  • 車検クーポン           3枚

次に車検クーポンの内容を確認していきます。

オリックスメンテナンス

オリックスカーリース・オンラインより引用

つまりタイヤ、バッテリー、ベルト、プラグ、エアクリーナー、エアコンフィルター、ブレーキパット、その他下回りの消耗部品などは含まれません

他社リースだと、数種類のメンテナンスプランから選べるのに対し、オリックスカーリースはクーポン対応のみです。

つまり、他社リースと比較するとメンテナンス内容が貧弱なので、カーリースの特徴ともいえる「月々定額」のメリットが薄くなります。

カーリースのメリットに関しては、こちらの記事で解説しています。

 

まとめ

オリックスカーリースのデメリットは以下の通りです。

  • 短期の契約ができないので、小まめに乗り換えるのには不向き。
  • 中途解約の条件をクリアしても、損耗状況によっては追加請求がある。
  • メンテナンス内容が弱いので、結果的にイレギュラーな出費がある。

今回はオリックスカーリースのデメリットをまとめてみましたが、逆におすすめポイントもたくさんあります。

詳しくは「オリックスカーリースがおすすめの理由5選」をご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA