カーリースの7大メリットとは?|知らなきゃ損する新しいカーライフ

メリット

これから車を買おうと考えている方、現金で購入予定ですか?

それともオートローンを利用しますか?

でもちょっと待ってくださいね。

最近はカーリースというお得で便利な買い方も人気が出てきました。

そして人によってはカーリースの方がメリットが大きい場合もあります。

そんなカーリースのメリットをまとめてみました。

カーリースの7大メリット

カーリースのメリットとして、7つの項目に着目します。

 

(1)好きなメーカーや車種が自由に選べる

(2)まとまった頭金がなくても利用できて、ボーナス払いの有無も選べる

(3)自動車税を払いに行かなくていいのでとっても楽

(4)メンテナンスもおまかせできるので契約中はとっても安心

(5)車に対する経費が一定になって便利

(6)必要な期間だけを購入して、さらに次の乗り換えも視野に入れられる

(7)法人の場合、リース料を経費計上できる

 

では、ひとつずつ解説していきますね。

(1)好きなメーカーや車種が自由に選べる

カーリースは、自分の好きなメーカーや車種が選べるのが一般的です。

新車のリースであればグレードや色、オプションなども自由です。

車の選び方は新車を現金やオートローンで買うのと変わりません。

レンタカーやカーシェアの場合、メーカーや車種はほとんど選べませんよね。

自分の生活に合ったピッタリの1台を、契約期間中であればいつでも好きな時に乗れます。

カーリースはレンタカーのイメージが強いかもしれませんが、どちらかと言うと『車を一定期間購入する』と考えた方がスッキリすると思います。

(2)まとまった頭金がなくても利用できて、ボーナス払いの有無も選べる

カーリースのチラシ等によく載っていますが、頭金ゼロ・ボーナス払い無しでも契約できます

もちろん頭金やボーナス払いを入れた方が月々の支払金額は下がりますので、そのあたりはバランスよく計画しましょう。

(3)自動車税を払いに行かなくていいのでとっても楽

車を維持されてる方であれば、毎年5月くらいになると自動車税の支払いを意識しますよね。

あれって支払いを忘れてしまったり、お小遣いが少なくなってしまったりで、けっこう嫌なものです。

でもリースであればその心配はなくなります。

リース契約は所有者がリース会社、使用者が契約者になります。

自動車税は所有者に課税されますので、そもそも振込用紙は契約者に届きません。

毎月のリース料のなかに含まれていますので楽ですよね。

(4)メンテナンスもおまかせできるので契約中はとっても安心

カーリースの契約は車と登録初期費用等、そして契約期間中の自動車税が含まれます。

ただ最近は、自動車税以外にもリース契約期間中の車検費用やオイル交換などのメンテナンス代、自動車保険などもリースに組み込める取扱店も増えてきました

そのようなプランで契約してしまえば、とっても安心できますよね。

車を現金やオートローンで購入した場合は、車検やオイル交換などの自己管理が必要です。

でもカーリースでおまかせプランにしてしまえば、お知らせが来る点検時期に車を持ち込むだけでオッケーです。

エンジンオイルを長い間交換し忘れて故障した、気が付いたら車検が切れていた、なども気にすることがなくなるので安心して車に乗れますよね

(5)車に対する経費が一定になって便利

カーリースは毎月のリース料を支払うことで車に乗り続けられます。

例えば毎月2万円のリース契約であれば、家計の中でその分だけ工面すればいいんです。

車検やメンテナンスも含んだリース契約であれば、車検前にお金を貯める必要はありませんし、いつの間にかすり減っていたタイヤ交換で急な出費もなくなります。

これってとっても便利なことですよね。

(6)必要な期間だけ購入して次の乗り換えも視野に入れられる

カーリースは予めリース期間を定めて契約します。

例えばリース3年契約であれば3年分のみお支払い、とうい具合です。

なぜ3年分だけで済むんでしょうか?

カーリースは契約満了後の車両価値を予め想定し、その分を車両価格から差し引いて契約します。

これを残価設定といいます。

残価設定に関してはコチラの記事で詳しく解説しています。

もう少しわかりやすく言い換えると、3年後の下取り価格を予め値引きするようなイメージです。

そしてなんと、リース契約満了時に新しい車へと乗り換えも可能なんです。

リース3年契約で毎回乗り換えしてしまえば、車検代を支払わずに常に新しい車に乗れちゃいますね。

今は燃費が良くて小さい軽自動車で十分だけど、3年後には子供も大きくなりクラブ活動を始めるのでミニバンに乗り換えたいな、みたいな家庭環境でも柔軟に乗り換えできますね!

(7)法人の場合、リース料を経費計上できる

このメリットは法人や個人事業主の方のみになりますが、リース料は経費で計上できます

現金購入の場合は資産として減価償却していきますが、リースであれば節税効果も大きく期待できそうですね。

まとめ

リース契約のメリットは上記の通り全部で7項目ありました。

全ての人に7つのメリットが当てはまるわけではありませんが、将来性も見据えて買い方を検討したいですね。

また逆にリース契約のデメリットも知っておくべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA