カーリースのオープンエンド契約を解説|メリットとデメリットは?

オープン

残価設定の契約には、オープンエンド契約とクローズドエンド契約の2種類があります。

この記事では、オープンエンド契約に関して解説します。

そしてこの記事を読むことで、オープンエンド契約のメリットとデメリットまで理解することができます。

残価設定に関しては、下記の記事で解説していますので、まだお読みでない方は、先に目を通していただくことで、より理解が深まります。

【カーリース】残価設定って何?そしてメリットとデメリットとは?

オープンエンド契約とは?

オープンエンド契約は、ひとことで言えば『買取型の契約』

わかりやすく説明するために、具体例をあげます。

300万円のクルマに150万円の残価を設定し、5年間の契約を利用する場合。

オープンエンド契約だと、下記のようになります。

  • 5年後に残価が150万円残ることを、契約時に開示される。
  • 5年後、契約者が150万円を支払い、クルマを買いとる。
  • 買取りしたクルマに乗り続ける、もしくはどこかに売却するかは自由。

※わかりやすく解説するため、クルマの諸費用や税金、メンテナンス代、料率(オートローンでいう金利)などは全て無視して解説します。

5年契約だと、毎月25000円×60回で150万円を支払いますが、最終月に残価の150万円が上乗せされます。

つまり結果的に300万円支払うことになります。

勘違いされやすいのですが、オープンエンド契約は150万円値引きされるわけではありません。

オープンエンド契約は、設定された残価の市場価値変動リスクを、契約者が負うことになる

150万円の残価は、契約時に5年後の車両価値を予測していることになります。

では5年が経過した時に、実際の市場価値はどうなっているのでしょうか?

答えは誰にもわかりません。

なぜなら5年後のクルマの価値は、その時の人気や需要によって変動するからです。

仮に5年後に、市場価値が下がり中古車相場が100万円だとしても、オープンエンド契約では150万円を支払わなければなりません。

つまり契約時に設定された残価の、市場変動リスクは契約者が負うことになります。

オープンエンド契約の落とし穴

残価率は各社まちまちですが、オープンエンド契約の場合、50%前後と比較的高い傾向になってます。

なぜ残価率が高いのか?

それは契約を取りたい業者目線で考えるとわかりやすいです。

  • 残価率を高くすれば、その分月額料金が安く見えるので、客からの見栄えが良い。
  • 残価率を高く設定しても、オープンエンド契約であれば、残価の市場価値変動リスクを業者側は負わないので安全。

つまり業者側は契約が取りやすく、リスクも少ないので有利な条件となります。

値段ばかりが良く見えるプランは、オープンエンド契約の可能性もあり注意すべきでしょう。

特に残価型クレジット(残クレ)のプランに多いとされています。

オープンエンド契約の、契約者側のメリットとデメリットを考察

オープンエンド契約のメリット

  • クローズドエンド契約と比較すると、残価率が高いので、その分月額料金は安い。
  • 契約満了後にクルマを売る場合、買取り査定が残価を上回れば、その分トクをする。

オープンエンド契約のデメリット

  • 最終月に残価を支払い、クルマを買いとる必要がある。
  • 契約満了後に乗り換えたい場合、一旦クルマを買い取った後に、別の業者へ売りに行く手間が発生する。
  • 買取査定が残価を下回った場合に、そのまま損失となる。

まとめ

オープンエンド契約は、買取型の契約です。

設定される残価率は高めの設定が多く、そのぶん月額料金は安くなるが、最終的に残価を支払い、クルマを買い取る必要があります。

ちなみにカーリースの場合は、一般的にクローズドエンド契約が多く、またはオープンエンド契約とクローズドエンド契約を選べる場合もあります。

オープンエンド契約は、主に残価型クレジット(残クレ)で使われています。

クロースドエンド契約については、こちらの記事で解説しています。

【カーリース】クローズドエンド契約を解説。メリットとデメリットは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA