〜現在サイトリニューアル中〜

カーリースのオープンエンド契約とは?|メリットとデメリットを解説

カーリースのオープンドエンド契約とは、ひとことで言ってしまえば『買取型のリース契約』となります

 

こんにちは、サケノリです。

この記事では、カーリースの契約形態のひとつである『オープンエンド契約』について解説していきます。

カーリースにはもうひとつ、『クローズドエンド契約』というのもあります。

オープンエンド契約は、クローズドエンド契約と比較すると、そのメリットもデメリットもインパクトが大きくなります。

ふたつの契約形態は、けっこう複雑です。

だからリース契約する際に、契約形態の違いをしっかり理解している人は、案外少ないかもしれません。

もし複数の会社でリース料の見積りをとり、最も安い会社を選ぼうとされている方は、この記事を事前に読んでおくと良いかもしれません。

 

目次

オープンエンドとは、『買取型のリース契約』

 

車を買取る

 

オープンエンド契約は、リース契約が終了すると、基本的にあなたが車を買取る契約です。

ただし再リースや返却も選択することは可能です。

ちなみにクローズドエンド契約では、買取ができません

そこだけ考えるとオープンエンドの方が便利に思えます。

しかしこの二つの契約形態は、根本的に大きな違いがあります。

どちらも理解することで、あなたにとって本当に必要なリース契約はどれか?が発見できると思います。

以降、残価という言葉が出てきます。

もし残価についてご存知でない場合、先に下の記事を読んでおくと理解しやすいかと思います。

>>カーリースの残価を徹底解説|知らずにリース契約してはいけません

 

オープンエンド契約を具体例で解説

ここから先は理解しやすいように、以下の具体例で説明していきます。

契約者:あなた

リース運営会社:コスモ石油(コスモMYカーリース)

リース会社:オリコ

※あなたはコスモ石油を介してオリコとリース契約を締結する例です。

この場合にリース契約の満期を迎えると、それぞれ次のような選択が可能です。

 

買取

設定されている残価に諸費用などを加えた金額で、あなたが車を買取します。

以降はリース契約ではなくなるので、中古車を購入したのと同じ扱いになります。

車を買取したい場合は、オープンエンド契約でないとできません。

 

再リース

同じ車でリース期間を延長します。

設定残価や契約年数が変わるので、月々のリース料金は変わります。

後述しますが、オープンエンドはもともとの設定残価が高いので、再リース時はクローズドエンドと比較すると月々の料金が高くなるのが一般的です。

再リースを選択するメリットは以下の2つです。

  • 気に入っている、もしくは乗り慣れた車に引き続き乗れる。
  • 原状回復費用をいったん回避できる。

メリットはクローズドエンドと同じです。

原状回復費用については、別の記事で解説しています。

>>カーリースの原状回復費用とは?|請求例から回避方法までを解説

 

返却

車をリース会社に返却し、契約を終了とします。

ただし以下の2つのパターンで、追加費用が発生する場合があります。

  • 車にキズやヘコミをつけてしまったため、車の価値が低下した。
  • 車の不人気等が原因で、設定されていた残価より市場価値が低下した。

キズやヘコミはクローズドエンドも同じです。

借り物の車ですから、ここはやむを得ないところ。

もう一つの、市場価値が低下した場合のリスクは、オープンエンドの場合はあなたがリスクを負担します。

 

乗り換え

車を買取または返却後に、別の車で新たにカーリースを契約します。

リース契約が切れた車を買取した場合、その車はあなたがどこかへ売却する必要があります。

売却の手間と高く売れなかった場合のリスクは、あなたが負うことになります。

 

オープンエンド契約のメリットとデメリット

 

メリット&デメリット

 

オープンエンド契約にはメリットとデメリットがあります。

それぞれをしっかり理解しておきましょう。

 

オープンエンドのメリット

リース契約時の設定残価が高いので、リース期間中の月額料金は安くなる。

オープンエンド契約は、設定残価が高く設定できます。

その分リース契約から省かれますので、結果的に月々の料金は安くなります。

月々の負担をとにかく安くしたい場合には有効です。

 

オープンエンドのデメリット

契約満了時に高い残価の車を買取る、またはリスクを負担しなければならない。

なぜクローズドエンドに比べて残価を高く設定できるのか?

それは高い残価を設定しても、契約終了時にあなたが車を買取る、または市場価値との差をあなたが負担する契約だからです。

オープンエンド契約は、クローズドエンド契約と比べて、安く利用できる契約ではありません。

リース期間中は安く済んだ分も、最終的に負担するのはあなたです。

 

カーリースのオープンエンド契約 まとめ

 

まとめ

 

カーリースのオープンエンド契約は、買取型のリース契約です。

リース契約が満了すると、あなたはリースしていた車を買取します。

もし買取したくない場合は、市場価値と比較した不足分を、あなたが負担することになります。

オープンエンドの場合は、特にデメリットをしっかり理解した上で契約すべきでしょう。

オープンエンド契約は主に、残価型クレジット格安リースで利用されています。

もし複数のリース会社を比較し、もっとも安いところで契約する場合、オープンエンドなのかクローズドエンドなのか、しっかり確認した方が良いでしょう。

クローズドエンド契約については、こちらの記事で解説しています。

>>カーリースのクローズドエンド契約とは?|メリットとデメリットまで解説

 

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる