カーリースの審査って年金受給者でもできるのか?

年金

最近の新車って、ブレーキサポート機能なんかが搭載されているので、とても魅力的ですよね。

でも、いざ新車を買おうと思っても、機能が良くなった分、けっこう高いです。

だからカーリースで、頭金なし、月々定額で乗りたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

そんな便利なカーリースですが、利用するためには絶対条件がありまして、それが審査です。

クレジットカードをつくったり、オートローンを利用するときと同じで、個人の信用審査が必須となります。

信用審査って言われてしまうと、既に会社を退職し年金で生活している人にとっては、ちょっと心配な部分もありますよね。

でも結論を先に言ってしまうと、年金受給者でも、カーリースの審査や、その先の契約も可能です。

ただしちょっとした条件がありますので、そのあたりを詳しく解説していきたいと思います。

 

カーリースの審査や契約は、年金受給者でも問題なく可能

カーリースは、収入が年金だけでも審査や契約に差し支えはありませんが、年金以外の部分でひっかかってしまうことはあり得ます。

ただし信用審査の内容は、各リース会社によってさまざまと言われています。

つまり、たとえ1社落ちたとしても、2社目では普通に通過する場合はよくあります。

カーリースのプランは各社によってメリットとデメリットが違います。

まずは自分に合ったリース会社を選択すべきですが、審査の結果によっては、第2候補も検討しましょう。

各リース会社の比較は、別記事で解説しています。

【カーリース】大手3社を、20の項目で徹底比較

年金受給者の方が審査する場合の注意点

カーリースの審査や契約に、年金受給の有無は関係ありませんが、高齢者運転を促さないために、各リース会社で年齢の制限は設けています。

主なリース会社の年齢制限は下記の通りです。

おトクにマイカー定額カルモくん 75歳以下の申し込み
オリックスカーリース 20歳以上75歳以下の申し込み
カーコンビニ倶楽部 20歳以上75歳以下の申し込み
コスモMyカーリース 契約満了時75歳未満

コスモMyカーリースは、リース契約の期間を3年、5年、7年のなかから選びます。

つまり例えば3年契約を選んだ場合は、71歳の申し込みまでとなります。

まとめ

カーリースの審査や契約は、年金受給者でも問題なくできます。

ただし個人の信用審査は同じようにありますので、通貨しないとカーリースの契約はできません。

リース会社の審査項目はすべて同一ではなく、各社によって異なるので、1回落ちても他社で通過する場合はけっこうあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA