カーリースをオススメしたいのはこんな人

おすすめ

カーリースは借り物です。

所有感を求める方には、不向きと言えます。

しかしカーリースのメリットは、人によって感じ方が異なります。

では、どんな人におすすめできるのでしょうか?

この記事では、カーリースが向いていると思われる人を想定してみました。

もし購入かカーリースか迷っている人がいましたら、せひ参考にしてみてください。

頭金やボーナス払いなし、毎月定額でクルマに乗りたい

ほとんどのカーリースは頭金なしで契約できます。

ボーナス払いもなしでいけます。

カーリースは車両代、諸経費、自動車税が含まれ、プランによっては車検代、整備代などが含まれます。

上位プランであればクルマにかかる維持費をほぼ定額化できるので、家計の経費管理が明確になります。

車検間近になって、「あ、車検代を用意しなきゃ!」なんてことありませんか?

カーリースであれば、車検代やオイル代などを月々のリース料で定額化できるので安心です。

突然の出費に悩まされることは少なくなるでしょう。

クルマに乗るだけで、点検や整備はおまかせしたい

クルマは定期的な点検や整備が必要です。

例えば1年ごとの法定点検、6か月ごとの定期点検、オイル交換やバッテリー点検、タイヤ点検などなど、安全なカーライフを維持するためには、さまざまな点検整備が必須です。

これらを個人で管理するのって、かなり大変ですよね?

でもカーリースであれば、定期的に連絡をもらって点検や整備をしてもらえます。

点検・整備は、プランによってはリース料に含まれているので、その都度の出費もなく安心できます。

クルマに関してよくわからない人、ただ乗るだけの人は、カーリースと非常に相性が良いと言えます。

定期的に新しいクルマに乗り換えたい

カーリースは、期間を決めて契約します。

リース期間は各社設定できる期間が異なりますが、自分にあった期間で契約すれば、その契約ごとに新しいクルマに乗り換えることも可能です。

特に最近の新車は、自動運転や自動ブレーキの機能が目まぐるしく進歩し続けてます。

1、2年も経過すれば、別次元の安全性や利便性が向上したクルマに進化しています。

カーリースであれば、定期的に最新のクルマに乗り続けられるので、より良い最新のクルマでいつもお出かけできます。

経費処理したい

法人限定ですが、カーリースはリース料を経費処理できます。

車両税もかからないので、税金対策としては、購入よりメリットが大きいです。

月々のコストも明確になるので、経費処理も楽になるでしょう。

社用車はボロボロのイメージが強いですが、カーリースであれば定期的に安全なクルマに入れ替えることができます。

会社にとっても、社員にとってもメリットは大きいのではないでしょうか。

まとめ

カーリースをオススメしたい人は、下記の通りです。

  • 頭金やボーナスなしで、毎月定額でクルマに乗りたい。
  • クルマの整備や点検はおまかせしたい。
  • 定期的に新しいクルマに乗り換えたい。
  • 経費処理したい。

カーリースはまとまった資金がなくても、気軽にクルマを持てます。

リース期間も自分で設定できるので、将来性も考慮してクルマ選びができます。

また、クルマの維持にま面倒な点検や整備がつきものですが、それらをおかませしちゃうこともできます。

面倒くさがりな人には、ベストチョイスな利用方法ではないでしょうか。

また、法人の方は、カーリース一択で良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA