カーリースが不向きなのはこんな人

向いてない

カーリースは便利に利用できる、クルマの新しい乗り方です。

ざっくり言ってしまえば、めんどくさがりな人には向いています。

しかしカーリースにも欠点はあり、人によっては買ってしまった方が良い場合もあります。

では、カーリースに不向きな人とは、どんな人が当てはまるのでしょうか?

この記事では、カーリースが不向きだと思われる人を想定してみました。

もし該当される方がいましたら、リースではなく購入も検討してみましょう。

一括払いで無駄な金利を払いたくない人

オートローンを利用すると金利がかかります。

カーリースもリース料率という、金利みたいなものがかかります。

つまり現金一括払いが、最も安くクルマを手に入れる方法となります。

金利を払うのはもったいない、と考える人の場合は、現金一括で買ってしまう方が良いでしょう。

また、リース料を毎月払っていく、というのが嫌な人もいると思います。

1回でスッキリしたい場合は、カーリースに向かないと思います。

値引き交渉が得意な人

カーリースは、基本値引き交渉ができません。

各リース会社で、予め値引き率が設定されている場合が多く、また残価設定も決まっているので、あくまでも月々のリース料がいくらかで検討していきます。

どうしても月々のリース料を下げたい場合は、頭金を入れる、ボーナス払いを設定する、リース期間を延ばす、メンテプランを下げる、などで調整することは可能です。

それでもまだ高い場合は、車種やグレード、装備を見直すしかありません。

対して、現金一括購入やオートローンの場合は、新車も中古車も値引き交渉すると思います。

値引き交渉がうまい人は、がっつり値引きしてもらうことでお得感が得られ、気持ちいいですよね。

値引き交渉が得意な人は、あまりリースに向かないかもしれませんね。

自分で車検やメンテナンスの管理をしたい人

自分で車検や定期点検の時期をしっかり把握し管理できる人、オイル交換などのメンテナンスは自分のペースで行いたい方は、カーリースは不向きかもしれません。

もちろんカーリースには、メンテナンスなしのプランもあります。

しかしカーリースは、どちらかと言えば面倒なメンテナンスなどをお任せすることが、大きなメリットのひとつです。

なので、メンテナンスを自分で管理する場合は、あえてカーリースにする必要はないかもしれません。

クルマをカスタマイズしたい人

カーリースは原則として改造不可が多いです。

改造といっても、簡単に戻せたり、クルマの価値が上がる場合は、認められることもあります。

逆にNGなのは、オールペン、レース仕様に改造、見た目が大きく変わってしまうような外観変更、その他違法改造などが該当します。

カーリースは、あくまでも借り物という意識が必要です。

なのでどうしても改造してクルマを使用したい場合は、現金一括かオートローンで購入しましょう。

キズやへこみ、汚れなど気にせずクルマに乗りたい人

カーリースは、契約満了時に現状回復費用を請求されることがあります。

請求される主な原因は、キズやへこみ、汚損や契約した範囲以上の走行距離オーバー、事故による車両価値低下などが該当します。

カーリースは借り物なので、返却時にはキズなどを直す必要があります。

キズを気にしながらクルマに乗るのは嫌な人は、カーリースは向かないかもしれません。

現金一括やオートローンで購入してしまえば、キズを直さないという選択も自由ですので。

まとめ

カーリースに不向きな人は、下記の通りです。

  • 無駄な金利は払わず、最安でクルマを買いたい。
  • 自分で値引き交渉をしたい。
  • 車検やメンテナンスを自分で管理したい。
  • クルマを改造、カスタマイズしたい。
  • キズなどを気にしながらクルマに乗るのは嫌だ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA