車検はいつから受けられる?

車検

車検って、いつから受けられるか知ってますか?
良く聞くのは1か月前?とかでしょうか。
でも、例えばこんな方いませんか?
『急に海外の長期滞在が決まってしまったが、その間に車検が切れてしまったら困る。』
この場合、もし車検を前倒しできたらいいですよね。
この記事を読むことで、車検を受けられる時期について理解することができます。
場合によっては、車検時期をずらすことで、メリットを得られる場合もあるので、ぜひご覧ください。
 

車検はいつでも受けることが可能。

厳密にいうと、車検はいつでも受けられます
考えられる車検のタイミングとしては、下記の3通りです。
  • 車検1ヶ月前
  • 車検1ヵ月以上前
  • 車検切れ

 

では、それぞれの違いについて、深掘りしていきます。

車検を受ける3つのタイミング

車検1ヵ月前の場合

継続検査と呼ばれ、通常はこれに該当します。
車検満了日の1ヵ月前までであれば、どのタイミングで車検を受けても、次回の車検満了日は旧車検証に記載の2年後となります。(1年車検の場合は1年後)
ほとんどの方が、このタイミングで車検を実施していると思います。
特殊な場合としては、その場で車検の検査ができる指定工場で車検を依頼する場合は、陸運支局へ提出する書類のタイミングの関係で、最大45日前までは継続検査として車検を受けることができます。

車検1ヵ月以上前の場合

実は1ヵ月前でも2ヵ月前でも、好きなタイミングで車検を受けることは可能です。
ただし先で解説しました継続検査に該当しません。
1ヵ月以上前に車検を受けた場合、車検を受けたその日から2年後が次回車検日となります。
つまり車検を前倒しした分は消えて無駄になってしまうので、通常はあまりメリットがありません。
ただし車検が少しだけ残っている中古車を購入した場合などは、あえて残りの車検を切り車検2年付きで納車してもらう場合もあります。

車検切れの場合

車検切れでも車検は受けることができます。
次回車検日は、車検を受けた日から2年後となります。
ただし車検切れの場合は公道を走れませんので、車両の持ち込みに工夫が必要です。
少しだからといって車検が切れたまま公道を走らせてはいけません。
車検切れ走行のリスクに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

まとめ

車検はいつでも受けられますが、一般的には1ヵ月以上前に車検を受けても、あまりメリットがありません。
ただし残り少ない車検が付いた中古車に車検2年付けて納車してもらう場合、または長期の海外滞在などで長期間クルマに関われない場合などは、車検を前倒しするのもアリでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA