車の売却は個人売買の方がお得?|注意すべきポイントを解説

個人売買

こんにちは、サケノリです。

今回のテーマは『車の個人売買』です。

売買ですので、車を売る人と買う人がいます。

今回の記事では、車を売る人目線で作成しています。

  • 売るときの金額っていくらにしたら良いのかな?
  • 名義変更などでトラブルが起きないようにするためには?

などを解説していきます。

これから個人売買で車を売ろうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

最初に自己紹介をしておきます。

サケノリと申しまして、このブログを運営しています。

現役の営業マンで、普段は車の販売、・リース・買取査定・自動車保険の提案などをしています。

持っている主な資格は、自動車査定士・自動車整備士・保険募集人・キーパーコーティングなどです。

車のプロとして、みなさんに有益な情報をたくさん発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

個人売買で値段を決めるコツ

値段を決める

あなたが友人に車を売るとします。

あなたの車、いくらで売りますか?

ココが悩みどころです。

できれば高く売りたいけど、友人だからふっかけるのも気が引ける。

というか、そもそも売り値の基準がわからない。

そこでポイントとなるのが、車の査定と市場調査の2つです。

ひとつずつみていきましょう。

車の査定について

よく聞く買取査定です。

近くの買取店へ行ってみる、ネットで一括査定を依頼する、などが該当します。

買取査定については別の記事で解説していますので、詳しく知りたい方は読んでみてください。

一括査定 車の一括査定|1円でも高い査定を出すための買取業者攻略法

買取査定を受けることで、業者の買取金額がわかります。

同時に、もしあなたが中古車を購入していたのであれば、ついでにグレードや修復歴の有無も聞いておくと良いでしょう。

ほとんどが無料で査定してくれますが、相手が営業マンなので買取契約を迫られるデメリットはあります。

今回はあくまでも個人売買が目的ですので、間違っても売ってしまわないように注意してください。(笑)

市場調査について

あなたの車が実際にいくらで売られているのかを調べます。

カーセンサーやグーネットなどのサイトや雑誌で調べればたいていの車は見つかります。

あなたの車の年式やグレード、走行距離などから近いものを探してください。

これであなたの車の市場価格がわかります。

価格の決め方

いまあなたは業者の買取金額と市場価格の2つがわかっています。

恐らくですが、買取金額より市場価格の方がかなり高いのではないでしょうか?

買取業者に売った車は、利益や経費がのっかって中古市場に出回るからです。

もしあなたが調べた市場価格の方が安い場合は、調べ方が間違っている可能性が高いです。

年式やグレード、装備や色、走行距離、修復歴の有無をチェックしなおしましょう。

さて話を進めますが、個人売買のメリットは売主と買主がお互いにwin-winな関係になれることです。

本来ですと、あなたは買取金額で車を売るはずですし、友人は市場価格で買うはずです。

だからお互いが歩み寄って中間くらいの金額にすれば、お互いがwin-winになります。

査定した買取金額も、調べた市場価格、どちらも根拠があるものなので、このやり方であれば後々のトラブル回避にもなると思います。

もし友人にふっかけて売ってしまった場合、後になって高かったことがバレると気まずくなりますし、大きなトラブルにも発展しかねません。

名義変更の必要書類について

書類作成

個人売買のネックのひとつが名義変更です。

売主、買主ともに書類を用意する必要があります。

また普通車と軽自動車では基本的に書類が異なり、また売主の状況によっては書類が複雑になる場合もあります。

わからなければ管轄の陸運局、または行政書士に問い合わせれば教えてくれます。

私的には、行政書士に聞いて、そのまま書類も作成してもらうことをオススメします。

代書費用はかかりますが、だいたいは2~3千円くらいで済みますし、素人が書類を作成すると時間もかかれば失敗もするので、正直割に合いません。

名義変更に必要な書類に関しては、別の記事で詳しく解説しています。

普通車 車を売るのに必要な書類を解説|普通車編 軽自動車 車を売るのに必要な書類を解説|軽自動車編

個人売買でよくあるトラブルと予防策

個人売買のトラブル

個人売買は、相手が友人だからといって適当にしてしまうと、後々トラブルになってしまいます。

ここでは個人売買でよくあるトラブルと予防策を解説していきます。

トラブル例1

売ってすぐに「車が壊れた」と言われた。

予防策

個人売買なので、お店で買った時のような保証が基本的にありません。

しかも新車ではないので壊れる可能性も高く、ノークレームの現状販売で約束したとしても、故障の度合によってはトラブルになり得ます。

そのため売買の前に、以下の2つをチェックしておきましょう。

  • 事前に修理工場などに点検に出しておく。
  • 故障しそうな箇所に関しては正直に伝えた上で売買する。

トラブル例2

いつまで経っても名義変更してくれない。

予防策

通常は買主が名義変更しに行くので、あなたとしては受け身になります。

印鑑証明や住民票は3ヵ月の有効期限がありますが、すぐに名義変更してもらいましょう。

あなた名義のまま無駄に時間が経過すると、事故や違法行為があった場合に、面倒な事態になってしまうこともあり得ます。

3月をまたいでしまえば、あなたに自動車税が課税されてしまいます。

どんなに信用している友人だとしても、名義変更に関してはきっちりしてもらいましょう。

できれば『何月何日までに名義変更する』という念書をもらったり、名義変更後の車検証を確認させてもらうなどの工夫はしておきましょう。

トラブル例3

車を売りにいったら、事故車だと言われた。

予防策

売る際に、事故歴の有無を偽ってはいけません。

もともと中古車であれば、前もって買取店で査定しておくか、修復歴不明であることは伝えておきましょう。

車を買った友人は、何かの事情ですぐに車を売りに行くかもしれません。

買取店で査定すれば、わかってしまうことです。

そしてなにより怖いのは、事故車は2度目の事故に耐えられるかわからないということ。

一度潰れたボディを鈑金でどんなにキレイに修理しても、ボディやフレームの強度は確実に落ちています。

自動車メーカーが追突実験を繰り返して得られた安全性は、その車にはもはや保障されていませんので。

個人売買はちょっと不安、そんなあなたにおすすめ

あなたにオススメ

そもそも個人売買をする理由って何でしょうか?

  • 何らかの縁があって友人に売ることにした。
  • 買取店の査定価格に満足できなかった。

大きな理由はこの2つかと。

前者の、何かしらの縁で人に売る場合は該当しませんが、あなたが買取査定に満足できなくて個人売買をしようと考えているのであれば、他にも方法はあります。

それが個人売買プラットフォームのAncarです。

簡単に言えば、個人売買の代行です。

手数料は取られますが、個人売買のメリットである売主と買主がお互いにwin-winな関係に基づいて設計されています。

車の無料点検や決済代行もあり、個人売買の不安な部分もカバーしており安心ですね。

Ancarとは?

すぐに車を手放すつもりはないが、今の車に乗りながら良い条件を見極める『セルフ出品』が急上昇中。

WEBで完結し、出品料はゼロ円。

売りたい価格や時期・相手を決められて、キャンセルなども柔軟に対応。

会員登録しなくても無料で利用できる30秒査定があるので、一度試してみても良いですね。

今のクルマに乗りながら売却可能【Ancarのセルフ出品】

今回のまとめ

まとめ

個人売買は売主と買主がお互いにwin-winな関係になれるのがメリットです。

車の売り値を決めるコツとしては、査定金額と市場価格の調査をすればOK。

ただし個人売買は買取業者を通さない分、トラブルも多いので、事前に対策はしっかりしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA