車を買うべきか悩んだら・・|知っておくべき車の維持費と4種類の車の利用方法

悩む

  • 車があると便利だ。

 

  • でも、本当に買った方が良いのかな?

 

  • レンタカーで間に合ったりするかも?

そんな疑問を、早速解決していきましょう。

 

車のブログ『くるまぶ』のサケノリです。

今回のテーマは、『本当に車を買うべきか?』についてです。

車って、とても便利な乗り物です。

好きな時にどこへでも行けるし、大きな荷物があっても大丈夫。

最近はコロナウイルスもあり、公共の移動手段にネガティブな人も多いでしょう。

買い物は、まとめ買いするなら車は必須。

ここ最近、マイカーが見直されています。

でも車は大きな買い物ですから、じっくりと考えたいところ。

そんなあなたに向けて、最初の第一歩である今回のテーマを解説していきます。

 

~この記事を読んでわかること~

  • 車にかかる維持費。
  • 車の4種類の利用方法とメリット・デメリット。

 

サケノリって誰よ??

車のブログ『くるまぶ』の管理者です。

自動車関係の現役営業マンとして、現在も活躍中です。

詳しくはこちらのプロフィールをどうぞ。

 

車を所有するための維持費

車の維持費

 

まず最初に、車を所有するための維持費について知っておきましょう。

 

車の主な維持費

 

(消耗品)

  • ガソリン代
  • 洗車代
  • オイル・タイヤ・バッテリーなどのメンテナンス代

(固定費)

  • 駐車場代(借りる人)
  • 自動車税
  • 車検代(重量税・自賠責保険・点検費用)
  • 任意保険料

 

けっこういろいろと費用がかかります。

ちょっとイメージしにくいと思うので、具体例で見ていきましょう。

最近販売台数が絶好調のトヨタ ヤリスでざっくり概算を出してみます。

 

トヨタ ヤリス X・1.0L・CVT・2WD 1年間のコストとして

(消耗品)

  • ガソリン代(年間1万キロ走行を想定):約65,000円
  • 洗車代(月2回の洗車を想定):約24,000円
  • オイル交換2回:約10,000円

(固定費)

  • 自動車税:34,500円
  • 任意保険料:約120,000円

それぞれの単価はサケノリのイメージで計算しています。

あくまでも概算として、見てください。

また駐車場代や車検代は含めていません。

 

ここまでの合計で、年間253,500円かかってます。

ひと月21,125円、あらためて計算してみるとけっこうな金額ですね。

これを毎月ずっと維持費として支払っていくわけです。

これが高いか安いかは、あなたが車を利用する目的次第だと思います。

車を買ったらケースに入れて展示する人はいません。

車に乗ることで、あなたにとっての何らかの価値が提供されます。

その価値をもらい続けるための費用です。

この維持費は、あなたが求める価値に見合いますでしょうか?

 

車の利用方法4選

ドライブ

 

ここでは、車を利用するための方法を4つ解説していきます。

それぞれメリットとデメリットがあるので、あなたにとってどれが最も魅力的なのかを考えてみてください。

車の維持費も含めて考えると良いと思います。

 

車を購入する

車を現金一括またはオートローンで購入します。

現金一括であれば大きな初期費用が必要です。

オートローンの場合は、先ほどの維持費に毎月のローンが追加されます。

では買った場合のメリット・デメリットを見ていきます。

(メリット)

  • 唯一所有感がある。
  • 自由に改造ができる。
  • 自分の好きなタイミングで乗り換えできる。

(デメリット)

  • 大きな買い物になるので、慎重に検討する必要がある。
  • 税金や車検、オイル交換などのメンテナンスはすべて自分で管理しなければならない。
  • 最終的に自分で車を売りに行く必要がある。

 

カーリース

毎月のリース料を支払うことで車を一定期間借りて利用します。

車を借りるといっても、あなたの車庫で保管し、購入と同じようにいつでも自由に使用することができます。

毎月のリース料には、車両代以外にも自動車税や、リースプランによっては車検代・オイル交換などのメンテナンス代・任意保険料なども含まれます。

(メリット)

  • 頭金なしで気軽に利用可能、リース料は一定額なので車の維持費が明確になる。
  • 税金の支払いや車検、オイル交換などのメンテナンスをリース会社が管理してくれるので楽で安心。
  • 車両代は契約年数分のみ支払うのでお得。

(デメリット)

  • 改造できず、借り物感がある。
  • リース料率(金利みたいなもの)がかかる。
  • 原則として中途解約ができない。

 

レンタカー

レンタカーのお店へ行き、1回ごとにレンタル料を支払い車を利用します。

レンタルは数時間単位からウィークリー・マンスリー契約などができるお店もあります。

(メリット)

  • 車の維持費がかからない。
  • 必要な時だけお金を払って乗ることができる。
  • レンタカー会社がしっかり点検しているので安心。

(デメリット)

  • 借りる度にレンタル契約する必要がある。
  • 出発や返却時間が決められているので、予定外の行動が難しい。
  • 複数の人が利用するので、中には気にする人も。

 

カーシェアリング

タイムズなどで借りるカーシェアが一般的ですが、最近では個人間のでカーシェアサービスも増えています。

(メリット)

  • 車の維持費がかからない。
  • ちょっとした隙間時間に利用できる。
  • 個人間カーシェアだと、高級車でも意外に安価で乗れたりする。

(デメリット)

  • 借りる車がなかったり、アプリでのマッチングがうまくいかない場合もある。
  • タイムズ関係だと毎回清掃されているわけではないので、汚れた状態で借りることになることも。
  • 個人間カーシェアの場合、キズや汚れ、時間超過などでトラブルに発展することも。

『車を買うべきか?』まとめ

まとめ

 

今回は、『車を買うべきか?』について解説してきました。

最後におさらいしておきます。

 

まず車を買う場合、特に初めて購入予定の方は、維持費をある程度イメージしておきましょう。

あなたが車を所有する目的に不釣り合いでなければOKです。

また最近は、車のいろいろな利用方法があります。

カーリースやレンタカー・カーシェアなどは、最初は少し抵抗があるかもしれませんが、人によっては購入するより大きなメリットが受けられます。

あなたの目的にもっとも合った方法で利用するのが良いでしょう。

 

現金一括VSオートローンVSカーリース

買い方 車の買い方はどれが良い?|現金一括VSオートローンVSカーリース

 

カーリースに関する詳しい情報はこちら。

ファーストステップ カーリースとは?|初心者のファーストステップ基本編

 

中古車の購入に関する詳しい情報はこちら。

車探し ガリバーで中古車を購入するメリット5選|楽に車を探す方法とは?

 

今回は以上です。