再リースのメリットを考察|その意外な利用方法とは?

アイデア

  • 車の再リースって何?

 

  • 再リースって安いの?

 

  • 再リースって、デメリットはないの?

 

今回の記事は、こんな疑問にお答えしていきます。

 

車のブログ『くるまぶ』のサケノリです。

今回のテーマは、『再リース』です。

カーリースは契約満期を迎えると、以下の中から選択します。

 

  • 車の買取
  • 車を返却
  • 車を再リース

 

この中で、今回は再リースについてお話していきます。

 

~この記事を読んでわかること~

  • 再リースの仕組みがわかる。
  • 再リースのメリットがわかる。
  • 再リースの裏技的な利用方法がわかる。
  • 再リースのデメリットがわかる。

 

では早速、いってみましょう。

 

サケノリって誰よ??

車のブログ『くるまぶ』の管理者をやってます。

詳しくはこちらのプロフィールをどうぞ。

 

再リースの仕組み

料金設定

 

再リースは、リース契約が終了した時の選択肢の一つです。

満期を迎えるリース契約を延長したい場合に選択します。

今まで利用していた車を引き続き乗り続けることになるので、車に愛着がある場合は検討すべき選択肢です。

 

ここから先は、カーリースの残価が理解できてないと分かりにくいかもしれません。

残価については別記事で詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

残価 カーリースの残価を理解する|オープンエンド・クローズドエンドの違いまで解説

 

再リースを契約する場合、リース料は今まで支払っていた金額ではなく、新たに算出し直します。

なぜかと言いますと、残価設定が変わるからです。

かなりざっくり式で表すと、以下のような感じになります。

 

  • リース新規契約

(車両代-残価A+リース諸費用)÷契約年数=今まで支払っていた月々のリース料

 

  • 再リース

残価A残価B+リース諸費用)÷契約年数=再リースで支払う月々のリース料

 

※リース諸費用

リース諸費用の中には、事務手数料や契約年数分の税金が含まれます。

リースプランによっては、リース期間中の車検費用やメンテナンス費用も含まれます。

 

簡単に言いますと、新規契約の時の残価Aが、再リースの時の車両代(残価A)になります。

そして再リースの契約が終了する時点の将来の価値、残価Bを新たに設定し再リースの契約から差し引きます。

再リースをさらに再リースする場合も同様に、残価Bから新たに将来の残価Cを設定して・・・という具合になります。

 

再リースのメリット

メリット

 

では今度は、再リースのメリットを考えていきます。

  • 毎月のリース料が安くなる。
  • 愛着のある車に乗り続けられる。
  • 残価を下げていくことができる。

では、それぞれ詳しくみていきましょう。

 

毎月のリース料が安くなる。

これはなんとなくイメージがつくかと。

残価=車両代が安くなっていくので、結果的に毎月のリース料は安くなっていきます。

新しい車で契約し直すよりも、毎月の支払いを優先させたい場合にオススメです。

 

愛着のある車に乗り続けられる。

これは結構あるかもです。

車って、長く乗ればその分だけ愛着がわくものですし、何より乗り慣れています。

同じサイズの車でも、乗った感覚って微妙に違ったりしますよね。

モデルチェンジしてしまうと車の形も変わってしまうので、気に入っているのであれば再リースを検討しましょう。

 

残価を下げていくことができる。

先述しています『再リースの仕組み』のところで解説しましたが、再リースは繰り返す度に残価が下がっていきます。

再リースのリース料が安くなっているのは、残価が安くなっていくからですよね。

これって実は、裏技的なメリットになり得ます。

どういうことかといいますと、原状回復費用の対策として利用できるからです。

次の項目で、詳しく解説します。

 

原状回復費用についての詳細は、下の記事より参照してください。

回復 カーリースの原状回復費用とは?|請求例から回避方法までを解説

 

再リースの裏技的な利用方法とは?

裏技

 

再リースの裏技的な利用方法とは、残価を下げていくことで原状回復費用の対策となることです。

原状回復費用とは、リース会社に車を返却する際に、車をぶつけた・事故歴が残るなどが原因で、設定残価より車両価値が低下した場合、その回復費用として請求される費用のことです。

ちょっと頭の中がモヤモヤしていると思うので、具体的に解説します。

 

(原状回復費用の請求例)

  • 残価設定:50万円
  • 事故歴有りでの車両価値:20万円
  • 原状回復費用の請求額:30万円

 

実際はここまで単純ではありませんが、わかりやすくするためのイメージと思ってください。

この例だと、リース会社に車を返却する場合、あなたが30万円を支払わないといけません。

でももしここで、再リースしたらどうなるでしょうか?

 

(再リースの具体例)

  • 残価50万円=車両代金
  • 設定残価:20万円とする
  • 50万円+リース諸費用で再リース

 

この状態で再リースの満期を終えると、設定残価は20万円まで下がりました。

仮に事故歴有りの市場価値が5万円だとすると、返却時に支払う原状回復費用は15万円、半分になりました。

再リースを続けていけば、いつかは最低残価になります。

もし乗り続けることが嫌でなければ、こんな使い方もできます。

 

リース会社により扱いは異なります

残価率などは説明上の一例です。

上記一例がそのまま適用されるわけではありません。

 

再リースのデメリット

デメリット

 

再リースにはデメリットもありますので、しっかり把握しておきましょう。

  • リース料があまり安くならない場合もある。
  • 最新技術の車には乗れない。
  • 市場価値と比較すると、損している場合もある。

 

リース料があまり安くならない場合もある。

ちょっと落とし穴。

先ほどのメリットの項目で、再リースは残価が下がっていくので月々の支払が安くなる、とお話してきました。

しかしこれが当てはまらないパターンもあります。

どういうことか?

実は分割回数が大きく関わってきます。

 

各リース会社により異なりますが、新規のリース契約は比較的長い契約が可能な場合が多いです。

例えば5年とか7年とか9年とか・・・。

つまり長期契約になるほど分割回数が増えるので、月々の支払額は下がっていきます。

それに対し再リースだと、契約年数が比較的短いのが特徴です。

つまりトータルのリース料は安くても、分割回数が少ないので結果的に月々のリース料はそこまで安くない、という場合もあるようです。

 

最新技術の車には乗れない。

当たり前になってしまいますが・・・。

新規契約(乗り換え)であれば、また一から新車を探して好きな車に乗れます。

しかし再リースだと、今乗っている車の延長契約になります。

特に最近の車の進歩は非常にめざましいです。

自動ブレーキに代表されるように、自動運転の技術がどんどん市販車に反映されています。

1年前と最新の技術では、もはや別物と言っても良いくらいのスピードで進化しています。

もし最新技術でサポートされた車に乗りたいのであれば、再リースは不向きでしょう。

 

市場価値と比較すると、損している気分になることも。

再リースの車両価格は、新規リース契約前の想定残価が反映されます。

でももし人気が下落していて、市場価値が大幅に下がっていたら?

それでも既に設定されている残価に変更はできません。

つまり新規の中古リースの方が、リース料金的にお得になってしまうケースもあります。

その場合は、クローズドエンド契約であれば、返却して乗り換えてしまう方が良いでしょう。

 

クローズドエンド契約については、こちらの記事をチェック!

残価 カーリースの残価を理解する|オープンエンド・クローズドエンドの違いまで解説

 

『再リース』まとめ

まとめ

 

今回は『再リース』について、解説してきました。

最後に振り返りしておきます。

 

再リースは残価設定をし直すので、今まで支払っていたリース料よりは、基本的に安くなります。

ただし契約期間によっては、金銭的なメリットが薄くなる場合もあります。

再リースを繰り返すことで、残価を下げていくことができます。

これを利用し、原状回復費用などのリスクを下げることも可能です。

再リースにはデメリットもあります。

あまり安くならないこともある、最新の車に乗れない、人気の低迷などによっては損する場合もある、などが主なデメリットです。

これらを考慮し、再リースを選択するかどうかを検討しましょう。

 

今回は以上です。

 

カーリースに関する基本的な情報は、こちらの記事でまとめています。

ファーストステップ カーリースとは?|初心者のファーストステップ基本編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA