車の一括査定|複数の買取業者を同時に呼ぶメリットとデメリット

一括査定

こんにちは、サケノリです。

今回は車の一括査定で、『複数の買取業者を同時に呼んだ場合のメリットとデメリット』というテーマでお話していきます。

この記事でわかることは以下の2つです。

  • 査定をしてもらう側のメリットとデメリットがわかる
  • 買取業者側のメリットとデメリットがわかる

車を売る人は、1円でも高い査定を出して欲しいですよね。

逆に買取業者は、本音は1円でも安く買取したいんです。(安く仕入れて高く売るが商売の基本ですから)

つまり買取査定は、お互いの利害が一致しないのが当たり前です。

そのため車を売る人が少しでも有利な立場に立つためには、お互いのメリット・デメリットを知っておくことが非常に重要です。

一括査定で複数の業者を同時に呼んで高額査定を目指したい方は、参考にしてみてください。

一括査定 車の一括査定|1円でも高い査定を出すための買取業者攻略法

まず最初に、少しだけ自己紹介をしておきます。

このブログ(Various Colors)の管理者で、サケノリといいます。

現役の営業マンで、車の販売や買取査定をしています。

車関係の資格だと、主に自動車査定士・自動車整備士・保険募集人を持っています。

ブログの内容は仕事がら、自動車関係がメインとなってます。

今後も有益な情報が発信できるよう頑張っていきたいので、どうぞよろしくお願いします。

ではさっそく本題に入ります。

あなた目線のメリット・デメリット

お客さん

メリット

  • 査定が一回で終わるので手間がかからない。
  • 交渉テクニックが不要。
  • 最初から高額な査定金額が出る場合が多い。

高額査定を出すためには買取業者を競合させたいです。

何度も業者の対応をする手間が省けるのはポイント高いかと。

査定金額の提示方法は、名刺の裏に金額を書いてもらって受け取るというのがおすすめです。

無駄な価格交渉もなく、高めの査定が一発で出るので、交渉が苦手な人にはおすすめです。

ポイント
査定には車検証が必要です。

査定に来る人数分のコピーを準備しておくと、査定がスムーズに進み時間短縮になります。

デメリット

  • 買取業者の日程が合わない場合がある。
  • 査定金額提示後の交渉がしづらい。
  • 同時査定を嫌がる買取業者はリタイヤしてしまう。

すべての買取業者が、同じ日の同じ時間に来てくれるかどうかは運も絡みます。

また同時査定を不得意とする営業さんは、わざと早めに来て時間をずらそうとする人もいます。

そのへんは柔軟に対応する必要はあるかと。

また後からの金額アップが言いにくいのもデメリットの一つです。

注意
車を査定してもらう場所や環境によっては、あまり多くの買取業者が来ると近所迷惑になってしまう場合もあります。

話し声がうるさい、たくさんの営業車が駐車され邪魔など。

 

買取業者目線のメリット・デメリット

営業マン

メリット

  • その場で買える・買えないの結果がわかるので、後追い商談の手間が省ける。
  • 商談力のない営業さんにとっては、お金の力で買えてしまうことも。

正直言って買取業者としては、あまりメリットがありません。

デメリット

  • 後だしジャンケンができない。
  • 商談力が活かせず、ただの金額勝負になってしまう。
  • 同業者がたくさんいるので安く買取できない。

後だしジャンケンができない、つまり査定金額の言い直しができないのは、買取業者にとっては痛いところ。

商談力のある営業さんにとっては、運の要素が強くなってしまうので、やる気をなくしてしまう人もいたりする。

とにかく高い買い物になるケースがほとんどなので、買取業者としてはあまりおいしい話ではない。

今回のまとめ

まとめ

一括査定で、複数の買取業者を同時に呼ぶのは、交渉があまり得意でない人にオススメです。

時短もできるので、普段忙しい人にもメリットは大きいです。

ちなみに電話で査定日程を決める段階で、何社も同時に呼び込んでいることは、前もって言っておく必要はありません

買取業者が査定現場に行ったら、他の業者もたくさん来ていて『やられた~』というのは、業界ではよくある話です。

もしあなたが、車を売るのをじっくり考えたい、何社も価格交渉をしたい、というのであれば買取業者は個別に呼び込んだ方が良いでしょう。

別記事でまとめていますので、参考にしてください。

一括査定 車の一括査定|複数の買取業者を個別に呼んだ場合のメリット・デメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA