車の一括査定|複数の買取業者を個別に呼んだ場合のメリット・デメリット

一括査定

こんにちは、サケノリです。

今回は車の一括査定で、『複数の買取業者を個別に呼んだ場合のメリットとデメリット』について考えていきたいと思います。

この記事を読んでわかることは以下の2点です。

  • 買取業者を個別に呼ぶ場合の、向き・不向きが理解できる。
  • 買取業者の本音を知ることで、あなたなりの対策がとれる。

あなたは少しでも高く車を売りたい。

買取業者は少しでも安く買い取りたい。

この二つが絶対的な原則です。

よくある『どこよりも高く買います』は営業トークなので、惑わされてはいけません。

この前提でお話しを進めていきます。

一括査定 車の一括査定|1円でも高い査定を出すための買取業者攻略法

まず最初に、少しだけ自己紹介をしておきます。

このブログ(Various Colors)の管理者で、サケノリといいます。

現役の営業マンで、車の販売や買取査定をしています。

車関係の資格だと、主に自動車査定士・自動車整備士・保険募集人を持っています。

ブログの内容は仕事がら、自動車関係がメインとなってます。

今後も有益な情報が発信できるよう頑張っていきたいので、どうぞよろしくお願いします。

ではさっそく本題に入ります。

あなた目線のメリット・デメリット

お客

メリット

  • 後だしジャンケンを利用できる。
  • 1対1の商談なので、じっくり交渉できる。
  • 近所迷惑にならず査定できる。

『買取業者は少しでも安く買い取りたい』の原則の通り、最初から高い査定金額を出してはくれません。

これにより2社目の買取業者が、1社目の査定金額に少し金額を上乗せして提示することを、通称後だしジャンケンと呼んでいます。

これを逆に利用して、「A社から〇〇万円と言われているが、おたくではもう少し高くなならないか?」と交渉していきます。

うまく交渉できれば、最初と最後で何十万もの金額差がでることも・・・。

ポイント
良いグレード、良い装備、人気のボディーカラーであるほど、買取業者は金額をつっこみます。

デメリット

  • 買取業者別に査定や商談に立ち会うので、時間や手間がかかる。
  • 最初は低めの査定金額が出やすい。
  • 交渉力がないと、高い査定金額を引き出せないことも。

価格をじっくり交渉できる分、時間や手間が犠牲になります。

交渉力がなかったり営業マンの方が上手だった場合、逆に言いくるめられてしまうこともあるので注意は必要です。

価格のつり上げは、やりすぎると買取業者が離れてしまうので、適度なタイミングの見極めも重要です。

注意
難易度が少し高いので、初心者の人は買取業者の同時呼びをおすすめします。

買取業者目線のメリット・デメリット

営業

メリット

  • 査定一番乗りは安く買える。
  • 自分のペースでじっくり商談できる。
  • 後だしジャンケンができる。

一番最初の査定金額が基準になりますが、車を売る立場の人としては、提示された金額が高いのかどうか判断できません。

営業マンとしては他と比べられると困るので、さまざまなツールやデータを使い、全力で即決を迫ります。

即決してもらえれば、安く買えたということになります。

買取業者としては、このポジションが一番欲しいわけですね。

営業マンの必殺技3選
・いま即決してくれたら〇万円プラスします!
・ウチのお客様でこの車を欲しがっている人がいるので、いま返事をください。
・いま返事をいただけないと、この金額は出せません。

すべて営業トークですよ。

気を付けてくださいね。

デメリット

  • 相みつ前提だった場合、即決してもらえない。
  • 即決してもらえない場合、先に査定した方が不利になる。
  • そもそも商談力が低いと買えない。

買取業者としては、即決してもらえないと基本、買えません。

後だしジャンケンの方が強いですからね。

つまり商談力が低いと、営業成績は悪くなります。

今回のまとめ

まとめ

もしあなたが交渉力の高い方であれば、買取業者を個別に呼んでじっくり商談しましょう。

ただし手間と時間はかかるのと、やりすぎには注意です。

そんなに手間をかけられない方、交渉に自信のない方は、買取業者を一度に呼んでしまうのも良いでしょう。

別の記事でまとめていますので、ご参照ください。

一括査定 車の一括査定|複数の買取業者を同時に呼ぶメリットとデメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA